韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国の政府債務700,000,000,000,000ウォンに

韓国の政府債務700,000,000,000,000ウォンに

韓国の政府債務が雪だるま式に膨らみ、初めて700兆ウォンの大台を超えた。政府の台所状況を示す管理財政収支は昨年1-11月に2011年の統計開始以来で最大の赤字を記録した。

政府の金庫が空になった理由は政府の歳出が急速に増える一方、税収が減少しているためだ。財政の健全性悪化による警告音が鳴り響いても、政府は今年上半期に予算の早期執行を過去最高の62%に引き上げる計画だ。政策転換なしで歳出を増やし、それでも景気浮揚効果がなかった場合、再び追加補正予算というカードを切る可能性が高く、国債発行が避けられなくなるため、政府債務はさらに膨らみかねない。

企画財政部が8日発表した「財政動向」によると、昨年11月末の韓国の政府債務は704兆5000億ウォン(約66兆1400億円)だった。前月比で6兆ウォン増加し、前年末に比べると約53兆ウォン膨らんだ。政府債務が700兆ウォンを超えたのは、1999年の統計開始以来20年間で初めてだ。国民1人当たりの政府債務は1410万1322ウォンに達する。1人当たりの政府債務は2000年の237万ウォンから14年には1000万ウォンを超え、急激に増え続けている。企画財政部は国債発行により、前月比で政府債務が増えたと説明した。景気を下支えするための国債発行が政府債務の増加につながっている格好だ。

スポンサードリンク
政府債務は毎年増えてきた。問題はそのペースだ。李明博(イ・ミョンバク)政権(2008-12年)には政府債務が5年間に297兆9000億ウォンから425兆1000億ウォンに増えた。年平均で25兆4400億ウォン増えた格好だ。朴槿恵(パク・クンヘ)政権(13-16年)では4年間で年平均31兆9750億ウォン増えた。ところが、文在寅(ムン・ジェイン)政権の初年度に当たる17年に政府債務は35兆ウォン以上増え、600兆ウォンを突破。昨年には11月までの時点で既に前年に比べ52兆7000億ウォン増えた。李明博政権期に比べると、2倍を超えるペースだ。
http://www.chosunonline.com/

2020-01-01-k001.jpg

韓国政府の国家予算の半分が税収となる。不足分は海外投資家からの外責となる。海外からはいる金が微小であるから、大半が外責となるわけで、膨らむ国家予算に、縮小する税収では、毎年雪だるま式に政府負債は膨らむことになる。日本も半分は税収だが、残りの半分は国債で穴埋めしている。韓国の銀行は貧弱であり、日本のような対応は無理。利息を払うだけで精一杯となる。

挙句に家計負債は150兆円を超え、政府資産はほとんどない。日本と比較多少にもならない。東京都並の国家予算であった時には税収に余裕があり、家賃システムとの連動で、自国民にとっては良い形であったが、国家予算が急激に膨らみ、経済低迷で税金補てんが裏目に出ては、家計負債が増加する。ODAを実施できる国ではないので、海外からはいる金は心もとない。毎年数10兆円の負債増加をしてゆく中で、地方債務は大赤字。金の無い韓国政府に、自国対応策はない。

関連記事

[ 2020年01月09日 09:24 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp