韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  サムスンが「暗黒期」を脱出? 営業利益が市場予想を上回る

サムスンが「暗黒期」を脱出? 営業利益が市場予想を上回る

2020年1月8日、韓国・聯合ニュースは「半導体の不況により昨年のサムスンの年間営業利益がここ4年で最低となったが、10-12月期の営業利益は市場予想を上回っており、暗黒期を脱出し始めた」と伝えた。

サムスン電子が同日発表した連結決算によると、昨年の売上高は229兆5000億ウォン(約21兆5000億円)(暫定)とされた。前年比5.85%減で、2016年(201兆8000万ウォン)以来の最安値だという。また、営業利益も27兆7000億ウォンで前年比52.9%減となり、2015年(26兆4000億ウォン)以来最も低かったという。

ただ、昨年10-12月期の実績は売上高59兆ウォン、営業利益7兆1000億ウォンだった。昨年の1-3月期、4-6月期の営業利益は6兆ウォン台にとどまったが、7-9月期には7兆ウォン台に回復。今回もそれを維持したため、記事は「これ以上下がることはないだろう」と予想している。

スポンサードリンク
記事はこうした業績について、「主力製品であるメモリー半導体がサーバーとモバイル中心に需要が増加し、原価競争力が高まったため」と分析。業界関係者は「注目すべきはサムスン電子のメモリー半導体とスマートフォンが予想より良好だったこと。今年は半導体業況の盛り返しを受け、業績が改善していくという見通しが優勢」と話しているという。
https://www.recordchina.co.jp/

2020-01-10-k003.jpg

サムスンはスマホ事業で拡大したのは事実だが、営業利益はあてにならない。なぜならスマホ利益を記事に韓国メディアが掲載してきたが、いざ半導体に変わると、スマホ利益は、galaxyの初期に大きな利益をもたらしたが、それ以降はそれほどではなかったという事実がある。今の半導体も数兆円もの在庫があるとも言われており、在庫を減らすため低価格スマホに搭載したりと、対応に苦労している。従って公表される営業利益が正しいのかと言う部分にはいささか疑問が付きまとう。

この状態でシステム半導体へ舵を切るというのは、現状の利益では採算が合わないという問題があるわけで、十分な利益につなげていれば、スマホからメモリー半導体。そして次がシステム半導体と次々主力事業を変えないだろう。結果企業は拡大し人材の増加で人件費がかさむだけとなり、いすれば縮小し、利益ある事業に特化するしかなくなる時が来る。まさに近未来の話となる。

サムスンは製造企業であるから、単に組み立てるだけであり、重要なのは製造設備と検査システムにある。それはまだ日本に依存しており、特許と言う壁を残り超えられずにライセンス料を支払うのでは、利益拡大は望めない。サムスンは販管費を見れば、儲かりそうもないことは一目でわかるのではないだろうか。アップルと大きな違いである。
[ 2020年01月10日 08:52 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp