韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  デュポン、韓国にフォトレジスト工場を設置へ

デュポン、韓国にフォトレジスト工場を設置へ

世界的な化学素材メーカー、デュポンが半導体の重要素材であるEUV(極端紫外線)用フォトレジストの工場を韓国に設置することを決めた。今年から来年にかけ、忠清南道天安市に工場を建設する計画だ。

韓国産業通商資源部によると、デュポンはEUV用韓国でのフォトレジストの開発と工場設置に2800万ドル(約30億7000万円)を投資することを決め、大韓貿易投資振興公社(KOTRA)に投資申告書を提出したという。

デュポンは全世界70カ国余りに子会社163社を保有しており、韓国では1998年から子会社のローム・アンド・ハース電子素材コリアを通じ、天安で工場2カ所を操業し、半導体回路基板用の素材や部品を生産してきた。

EUV用フォトレジストは日本が韓国への輸出を規制している代表的品目だ。日本は昨年7月、半導体・ディスプレー用の重要素材であるEUV用フォトレジスト、高純度フッ化水素、フッ化ポリイミドの韓国への輸出規制を強化した。

スポンサードリンク
成允模(ソン・ユンモ)産業通商資源部長官は8日、米シリコンバレーでデュポンのジョン・ケンプ社長と会い、今回の投資計画を最終確定した。ケンプ社長は「EUV用フォトレジストの開発、生産のため、今後韓国国内の主な需要先と製品実証テストを行うなど緊密に協力していく」と述べた。
http://www.chosunonline.com/

2020-01-10-k005.jpg

デュポンは韓国中部の天安市にある既存工場を増設し、「EUV(超紫外線)露光」と呼ばれる先端半導体の製造技術に用いられる高品質な感光材を生産する。2800万ドル(約30億円)を投じて量産技術を確立し、2021年にも量産投資に踏み切る計画だ。韓国政府や自治体が土地の取得費用を負担し、税金免除で優遇する。

感光材は半導体製造に欠かせない重要材料。シリコン基板上に塗布し、特殊な光を当て回路パターンを形成する際に使う。東京応化工業やJSRなど日本勢が世界シェアの9割を握る。デュポンは半導体工場が集積する韓国で感光材を生産し、サムスン電子とSKハイニックスの世界大手との関係を強化する狙いだ。

サムスンなど巨大な需要家の受注を奪われれば日本企業のシェアが低下する恐れもある。日本企業の間では輸出管理が厳格化された当初から、日韓の政治対立が経済に悪影響を及ぼすことに懸念の声があった。デュポンと競合関係にある日本の素材大手の幹部は「デュポンの韓国内生産が実現すれば受注競争が激しくなる」と指摘する。日本企業も対応策を練る必要が出てきたという事だ。他国での顧客を増加しさせる必要がある。

関連記事

[ 2020年01月10日 09:14 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp