韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  中国の外貨準備が安定傾向の中で増加、その意味は?

中国の外貨準備が安定傾向の中で増加、その意味は?

外貨準備高はその国が蓄えた外貨の資産を示す。2019年末現在、中国の外貨準備高は年初に比べて352億ドル増加した。通年のデータを振り返ってわかるのは、外貨準備高が常に3兆ドル以上で安定し、全体として安定傾向の中で増加したことだ。経済日報が伝えた。

この動きは何を意味するか。外貨準備はある国の経済・金融の「安定化装置」だ。中国民生銀行の温彬(ウェン・ビン)首席研究員は1997年のアジア通貨危機を振り返って、「当時、タイは金融市場の開放を背景に、海外機関の空売りに直面した際、十分な外貨準備がなく投げ売りされたタイバーツを買い戻すことができなかったため、バーツの暴落を招き、越境資金が大量に流出し、国内の経済・金融に激震が走るとともに、東南アジア全域に広がる金融危機を引き起こした」と述べた。

当面の錯綜する複雑な国際環境の中で、中国が改革開放と発展を推進し、国の経済の安全を保障するには、相当な規模の外貨準備を用意して万が一に備え、外部からの衝撃に対抗するためのマクロ調整能力を確保する必要がある。まさに大量の外貨準備があったからこそ、中国は08年の世界金融危機をはじめとする外からの大きな衝撃に対抗し、自国のために経済構造の調整とモデル転換・バージョンアップに必要な良好な外部条件を維持することができた。

スポンサードリンク
外貨準備はその国の経済の基本的側面とも密接なつながりがある。温氏は、「中国経済は全体的に安定しており、安定傾向の中で成長するという発展傾向を維持し、中国内外のリスクの予防・解消に対して積極的な成果を上げ、主要な経済・金融指標は合理的な範囲で運営され、外貨準備高の安定維持に着実な基礎を打ち立てた」との見方を示した。
https://www.recordchina.co.jp/

2020-01-11-k002.jpg

中国人民銀行が昨年発表した10月末の外貨準備は、9月末より127億ドル増の3兆1050億ドル。ロイターがまとめたエコノミスト調査では、76億ドル増の3兆1000億ドルと予想されていた。発表文は10月の準備増加について、ドルの下落を含めた為替レートおよび資産価格の変動が要因と説明している。中国は総じて安定した外貨準備を維持できると伝えていた。米国との貿易摩擦の激化や国内経済の減速にもかかわらず、中国はここ1年、資本流出の抑制に成功している。

外貨準備は、資本規制や中国株式・債券に対する海外からの投資拡大を背景に2018年10月の底から拡大している。中国国家外貨管理局が7日発表した2019年12月末の外貨準備は、18年末より352億ドル(同1.1%)増の3兆1079億ドル(約335兆円)。年末ベースで2年ぶりに前年の水準を上回った。保有する米国債など債券の価格が上昇したほか、中国の銀行などが外貨建て債務を増やしたことも外貨準備を押し上げた。
[ 2020年01月11日 08:33 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp


スポンサードリンク