韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  北朝鮮 >  「イラン司令官殺害、衝撃だ」北朝鮮国内で不安拡散…米メディア報道

「イラン司令官殺害、衝撃だ」北朝鮮国内で不安拡散…米メディア報道

米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)によれば、北朝鮮の首都・平壌の市民たちは今、イラクで発生した米国によるイラン革命防衛隊の精鋭コッズ部隊・ソレイマニ司令官殺害の報に衝撃を受けているという。平壌市の幹部消息筋はRFAに対し、「最近、平壌の住民は、外部からもたらされた衝撃的なニュースにざわめいている。イラン革命防衛隊のソレイマニ司令官が米国の無人攻撃機による空襲で標的殺害されたというニュースが住民の中で急速に広がっている」と語っている。

北朝鮮メディアが、海外のニュースを詳細に報じることはきわめて少ない。一般国民はインターネットにアクセスすることもできない。

それでも平壌は、外国公館や貿易機関が集中しているため、少ないながらもインターネットにアクセスできる人々がおり、出張で海外に行き来する幹部も多い。そのため、海外の重大ニュースはクチコミで市民の間に広がることも多く、「新年に入ってからの平壌市民の最大の関心事は、イラン革命防衛隊司令官が米国の無人機攻撃で死亡した事件」だとこの消息筋は強調している。

さらに、北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は6日付で、ソレイマニ氏殺害に初めて言及した。発生から3日での報道は異例の早さにも思えるが、北朝鮮メディアはもともと、中東情勢については比較的詳細に報道する傾向が見られる。

スポンサードリンク
北朝鮮はかつて、中東戦争に空軍を派遣してエジプトやシリアに加勢、イスラエル軍と戦った歴史がある上に、イランやシリアとは現在も友好関係にある。また、米国が中東で戦乱に巻き込まれれば、朝鮮半島への対応は「手薄」になるのが必至で、北朝鮮がその点を注視しているのは間違いない。
http://www.zakzak.co.jp/

2020-01-11-k003.jpg

金正恩も勝手な行動ができない状態になっているのは事実。今のトランプ大統領は何をするかわからない。米中貿易摩擦の後はイラン革命防衛隊のソレイマニ司令官殺害であるから厄介だ。トランプ大統領の司令官殺害の動機は一体何だったのか。再選を狙うトランプ大統領の頭の中には、自身の面子及び支持率維持のために、イランカードを切り、大規模な攻撃を加えるというオプションが存在しているという見方が多数を占める。

再選の鍵を握るキリスト教福音派のトランプ離れを食い止めたいという強い思いが、司令官殺害の動機の1つと考えている様だ。司令官殺害後、米メディアは弾劾よりもイラン危機を大きく扱うようになった。トランプ大統領は自身のツイッターに「弾劾に時間を浪費するべきではない」「弾劾は即座に終了するべきだ」と投稿し、重要な問題が他にあるとつぶやいている。「米国対イラン」の対立構図をより鮮明にし、米国民の関心を弾劾からイラン危機に向けたかったとみるのが妥当だ。従って司令官殺害は、弾劾と無関係ではないという指摘が多数を占める。
[ 2020年01月11日 09:35 ] カテゴリ:北朝鮮 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp