韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  工場回そうと職場閉鎖…ルノーサムスンの「悲しくも滑稽な現実」

工場回そうと職場閉鎖…ルノーサムスンの「悲しくも滑稽な現実」

9日夜、ルノーサムスン自動車釜山工場の生産職社員は会社からテキストメッセージと無料通信アプリ「カカオトーク」のメッセージを受け取った。タイトルは「部分職場閉鎖公告」。「10日から別途に告知があるまで釜山工場を部分閉鎖する。即時に組合員たちは工場から退去し、許可なく事業場に立ち入ることができなくなる」という内容だった。社内向けホームページにも公告が掲載された。

しかし、これは工場の完全閉鎖するための措置ではない。最小限でも工場を回すための会社側の『窮余の策』だ。なぜ工場を稼動させるために部分閉鎖をするという事態になったのだろうか。10日午後、釜山市江西区にあるルノーサムスン自動車の工場。午後4時になるとジャンパーを着た人々が通勤用バス20台に乗って工場の門を出た。この工場はもともと昼夜交代で一日18時間稼働だった。しかし、この日は昼間の作業のみ行われた。工場は勤労希望書を出した約1720人が稼働させた。同社労働組合はストライキを宣言したが、これらは「仕事をする」と言ってストライキに賛同せずに出勤した人々で、全社員の約80%に当たる。

ルノーサムスン労働組合は賃金および団体協約交渉が決裂すると、先月20日に全面ストを宣言した。初日の参加率は43.5%だったが、最近は30%まで下がった。「ストではなく工場を稼働させる方が優先だ」としてストライキから離脱する人々が増えたのだ。同社は、これらの人々を中心にし、工場を部分的ながら稼働させることができた。

スポンサードリンク
(中略) ルノーサムスンのスト参加率が低いのは、工場の生産職社員自身の考えでもストライキの名分が弱いからだ。ルノーサムスン労働組合は賃金および団体協約で15万ウォン(約1万4000円)のベースアップを主張している。会社側は「今年、会社が赤字という危機的な状況でベースアップするのは難しい」という立場だ。既にルノーサムスン釜山工場は全世界のルノーグループの生産拠点のうち、グループ本社があるフランス(2位)とスペイン(3位)を抜いて1時間当たりの人件費が一番高い。ルノーサムスン25年目の生産職の賃金は約8250万ウォン(約780万円、ボーナスを含む)だ。
http://www.chosunonline.com/

2020-01-11-k005.jpg

ルノー三星自動車の労使対立が深刻化する中、フランス・ルノーグループのナンバー2であるホセビセンテ・ロス・モソス製造統括副会長が今月末に訪韓する。釜山工場を訪問後、釜山市の高位関係者らと面談を行う。労組の「ゲリラ式ストライキ」に使用者側が職場閉鎖で対抗している状況で、モソス副会長が警告性メッセージを送るかに注目が集まっている。モソス副会長が訪韓するのは、昨年2月にルノー三星労組が過去最長のストライキを続けた当時以来となる。

モソス副会長は、当時労組に向かって、「釜山工場の1時間の生産コストはルノーグループの工場の中で最高レベルで、生産コストがさらに上がれば競争力を失うだろう」と警告した。ルノーグループは、ルノー三星の79.99%の持分を保有している。モソス副会長は今回の訪韓でも、労組側と会うとしている。特に夜間勤務時間帯にストライキを繰り広げていた労組が、今月6日からは昼間勤務者への指名ストへと戦略を変えたことで、対立が深刻化している。指名ストライキとは、任意の特定組合員に対して1、2時間だけ部分的に仕事を休めさせるので、「ゲリラ式スト」とも呼ばれる。

釜山市の関係者は、「ルノーが未来車関連投資を決定すれば、予算をはじめ、すぐにサポートできる対策を用意しており、関連内容をモソス副会長に提示する計画だ」と話している。だが、現実には作る車が無いわけで、「生産の崖」の危機は継続する。ルノーサムスンは昨年初めに後続の委託生産モデルを確保しようとしたが、ルノーグループが労使対立により納期に支障をきたしてきたことからこれに反対していた。

関連記事

[ 2020年01月11日 12:13 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp