韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  韓国・文政権、新年早々“ドロ船”出航!? イラン派兵・検察バトル・経済の“三重苦”も優柔不断、強引、無策たたり…

韓国・文政権、新年早々“ドロ船”出航!? イラン派兵・検察バトル・経済の“三重苦”も優柔不断、強引、無策たたり…

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が、新年早々、窮地に立たされている。緊迫している中東情勢をめぐり、米国からはホルムズ海峡の安全確保を目指す有志連合への参加を強要されているが、駐韓イラン大使からは「(参加すれば)われわれは黙っていない」と“恫喝(どうかつ)”されたのだ。さらに、敵対する検察は大統領府(青瓦台)を捜索した。経済も、政府系機関から「不振」の烙印(らくいん)を押されている惨状だ。

「断交までをも考慮するほどの影響が出る可能性がある」 駐韓イラン大使のサイド・シャーベスタリー氏は9日、韓国・中央日報の取材に応じ、米軍主導の有志連合への韓国軍参加について、こう語った。 有志連合をめぐっては、同盟国・米国が昨年から再三に渡り韓国軍の参加を要請しているが、韓国政府は二の足を踏んでいた。そんななか、イラン側が脅しに近いかたちで牽制(けんせい)してきたのだ。

日本は、河野太郎防衛相が10日、海上自衛隊の護衛艦「たかなみ」とP3C哨戒機に対し、中東への派遣命令を出した。有志連合とは違う独自派遣だが、20日から活動を始める。 イランには、中国とロシアが支持を表明している。このまま韓国が有志連合入りを拒否すれば、ドナルド・トランプ米政権から「韓国は中国にすり寄った」「裏切り者だ」と見なされかねない。

スポンサードリンク
韓国検察は10日、韓国南東部・蔚山(ウルサン)市長選の政治介入疑惑で大統領府に捜索に入った。文氏に近い与党系の現市長を当選させるため、選挙前に大統領府が前市長側の不正情報を警察に流して捜査させた疑惑が指摘されている。韓国メディアは「下命疑惑」と報じている。 これに対し、大統領府は「見せしめ捜査だ」などと批判しているが、韓国法務省は8日、文政権に迫っていた検察幹部ら32人を一斉に交代させた。一部メディアはこれを「大虐殺」などと表現している。
http://www.zakzak.co.jp/

2020-01-13-k006.jpg

若い韓国人の話として、文大統領を支持する若者はほとんどいないと話す。日本人との友好を希望するのが大半を占めるという。韓国メディアの記事はウソが多く、現実は違うとも話す。特に文在寅は異常とまで話している。あいつがいる限りと、あいつ呼ばわりしているのが印象的だ。若者が韓国を出るという実態は無理もない様だ。小国韓国を孤立させ、日韓の条約を破り、文政権では司法の判決には云々と語る。戦後70年経過した今頃語る言葉ではない。

なぜ今のか。司法も問題だが、国民支持を受ける戦争経験者とその関連者の反発を恐れての対応でしかない。司法のトップは自国政府である。そんな韓国が今度はイランとの問題を他人事のように置き去りにした。今の韓国とイランは対立となり、米国とイランの間でもがく韓国と言う位置付けが加わった。アホな連中の実施する外交では、多国との約束など無視となる韓国政府では、どの国からも嫌われるだけでなく、下手すれば国まで狙われる可能性もないとは言い難い。

関連記事

[ 2020年01月13日 09:23 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp