韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  外資プロジェクト60件が上海で集中的に調印される

外資プロジェクト60件が上海で集中的に調印される

外資によるプロジェクト60件が10日、またもや上海で集中的に調印されることとなった。投資総額は合わせて73億ドルを超える。今回調印されたプロジェクトでは、参加企業の中に世界トップ500社が9社あり、1億ドルを超える大規模プロジェクトは20件で、分野は集積回路、人工知能(AI)、バイオ医薬、自動車、金融、情報テクノロジー、文化・娯楽、医療・ヘルスケアなどに及ぶ。

上海市商務委員会の楊朝(ヤン・チャオ)副会長は、「2019年には、上海で新設された外資プロジェクトは6800件を数え、前年比21.5%増加した。契約ベース外資導入額は502億5300万ドルで同7.1%増加した。実行ベース外資導入額は190億4800万ドルで同10.1%増加し、『3つが上昇する』局面を維持した。これと同時に、外資導入構造がさらに最適化し、サービス業の外資導入に『1+4』の局面がみられた。これはビジネスサービスを中心にしつつ、情報サービス、商業貿易、金融サービス、不動産の4大産業がバランスよく発展するという局面で、テクノロジーサービス業が引き続き最も急速に成長する業界となった。

製造業の外資導入のエネルギーレベルが上昇を続け、実行ベース外資導入額が1000万ドルを超えるプロジェクトは電気機械、化学工業、バイオ医薬、専用設備、自動車部品などの分野に主に分布している。このほか、本部経済の発展状況が好調で、昨年は上海に新たに設立された多国籍企業の地域本部が50カ所、外資の研究開発センターが20カ所に上り、累計で地域本部が720カ所、研究開発センターが461カ所になった」と説明した。

スポンサードリンク
良好な経営環境は上海が外資を誘致する重要な要因だ。上海は3年連続で年度初めの取り組みとして経営環境の最適化を進めた。今年の仕事始めには、経営環境改革3.0版プランと投資促進強化32か条措置を打ち出し、驚異的なスピードで事業を展開する米テスラ社のような「テスラスピード」が普通の状態になるよう努力し、より国際的競争力に富んだ経営環境と投資発展環境を持続的に構築するとしている。
https://www.recordchina.co.jp/

2020-01-14-k001.jpg

日本・中国の経済成長率をみると、1980年から2017年の比較では、日本が中国を上回ったのは1989年、1990年の2回だけである。(日本は5.42%、5.26%。中国は4.20%、3.90%)。この2年間は中国国内では政治動乱が起きて次への飛躍へ向けての踊り場であったのだ。また日本は最後のバブル満悦の絶頂期という時期であった。 その後は日本の経済成長率は惨憺たるものである。信じられないようなマイナス成長も経験した。バブルが弾けた1992年には日本は0.20%であり中国は飛躍の踊り場となった年となり13.90%という驚異的な数字を残した。日本との差は13.70ポイントである。

1989年の上海人口は1,400万人、盲流(田舎から流れてきた労働者たち)200万人と言わる。それから24年経過して、さらに1,000万人増加した。盲流といわれる人たちは含まれていない。例えば福岡市の人口約160万人と比較すると上海2,415万人であるから、15倍の規模の都市となる(2017年)。 上海の地下鉄建設工事のスピードの速さは、浦東にかかる南北2本の大橋で2年で完成。1992年のことである。上海の空港は従来、虹橋空港一か所であった。国際空港として浦東空港が稼働し始めたのが1999年からとなる。上海で集中的に実施し、改革路線を走る。

2017年、3カ所目のターミナルと5本目の滑走路が建設され、年間8,000万人の利用できる空港となった。国際ハブ空港の役割を十二分にはたせる規模である。 福岡高速道路百道浜ランプが完成したのが1989年である。それから10年経過して姪浜ランプが開通した。僅か7km程度の距離である。一方の上海は10倍の速度でインフラ整備をはたしている。経済成長率を見ても、中国の経済成長率を象徴する値となる。
[ 2020年01月14日 08:32 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp