韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  韓国の65歳以上高齢者人口、800万人突破、平均年齢は42.6歳に

韓国の65歳以上高齢者人口、800万人突破、平均年齢は42.6歳に

2020年1月12日、中国メディアの中国新聞網は、「韓国の65歳以上の高齢者人口が初めて800万人を突破し、平均年齢は過去最高の42.6歳に」とする記事を掲載し、次のように伝えている。

人口高齢化は韓国の社会問題だ。韓国行政安全部が12日発表した統計によると、2019年末現在の韓国の住民登録人口は18年末とほぼ同水準で、0.05%の増加にとどまった。増加率は08年の統計開始以来、最低を記録した。

一方で、高齢者人口は急増している。19年末現在の65歳以上高齢者人口は前年から約37万6500人増の約802万人となった。

韓国統計庁の昨年の予測によると、韓国の人口は67年に3900万人にまで減り、人口に占める65歳以上高齢者の割合は現在の14.9%から67年には46.5%になるという。

スポンサードリンク
韓国はまた低出生率にも悩まされている。行政安全部が12日発表した統計によると、19年末現在の0~14歳の年少人口は前年から約16万人減少。15~64歳の生産年齢人口も前年から約19万人減った。19年末現在の平均年齢は42.6歳で統計開始以来最も高かった。08年の平均年齢は37歳だった。
https://www.recordchina.co.jp/

2014-06-25-wa.jpg

韓国の甚句5100万人、65歳以上高齢者が占める割合は、15.7%となる。日本は現在、65歳以上高齢者が占める割合は、28,4%であるから、加速的に日本に近づくことになる。しかし日本はより深刻なわけで、70歳以上の人口は98万人増の2715万人で、総人口に占める割合は21.5%に上る。韓国以上に深刻ではあるが社会システムが充実している事で、韓国よりもはるかに良い状態ではある。

がしかし年金は、厚生年金と国民年金などを納めても、収めた金はその時の高齢者へのは支払いに回るわけで、自分たちが受給できる年代との差がある。今の若い人たちが、今の高齢者を支える形となっている仕組みは、財源不足につながれば受給できない状態になりかねない。現行システムでは、問題があるという事だ。

年金受給のための保険を収めた人からすれば、受給年齢変更となるシステムは納得できないわけで、若い人が高齢者を支える方式ではなく、個人個人の積み上げ方式に変更すべきである。がしかし時すでに遅しで難しい状態となっている。

関連記事

[ 2020年01月15日 08:20 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp