韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国現代商船、日本ONEなどが結成の世界3大海運同盟に合流へ

韓国現代商船、日本ONEなどが結成の世界3大海運同盟に合流へ

韓国の現代商船が4月から世界3大海運同盟の一つ、「ザ・アライアンス(THE Alliance)」の正会員になる。最近、米国連邦海事委員会(FMC)が現代商船のザ・アライアンス参加を承認したと、現代商船が16日明らかにした。

ザ・アライアンスはドイツのハパックロイドと日本のONE(川崎汽船、商船三井、日本郵船の合弁会社)、台湾の陽明海運が結成した海運同盟で、2017年4月から協力を始めた。2Mアライアンス(マースク、MSC)、オーシャンアライアンス(CMA-CGM、COSCO、エバーグリン)と共に世界3大海運同盟に挙げられる。

現代商船はザ・アライアンスの正会員として本格的に活動を始めることでグローバル海運市場で信頼を回復し、コスト構造の改善、サービス航路の多角化などが進むと期待している。現代商船はザ・アライアンスが運営する全体33路線のうち27路線でサービスする予定。
https://japanese.joins.com/JArticle/261607

スポンサードリンク
2020-01-17-k003.jpg

現代商船が来年4月、世界3大海運同盟の一つである「ザ・アライアンス」に正会員社として加入すると、海洋水産部と現代商船が共同で発表した。ザ・アライアンスは、ドイツのハパックロイド、日本のONE、台湾の陽明が主導する海運同盟で、現代商船は4番目のメンバーとして加入した。これらの船社の同盟期間は2030年3月までで、正会員である現代商船は10年間安定的な先代運営の保障を受けられるようになった。これにより、コスト構造改善、サービス航路の多様化などが可能と期待される。

現代商船は昨年9月、超大型コンテナ船20隻を発注することに成功しており、これを土台に3大海運同盟と加入交渉を進めた結果、最も良い条件を示したザ・アライアンスに加入することになったと発表した。かつては、海運同盟という特殊指定で守られてきたが、現在は無くなりグローバリズムを背景とした競争が激化している。巨大化するコンテナ船の建造と保有、世界網の定期航路を維持していくためには莫大な投資が必要なため、共同運航によるグループ化とM&Aによるグループ化が進んでいる。 これらのグループは『グローバルアライアンス』とも呼ばれる。
[ 2020年01月17日 11:51 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp


スポンサードリンク