韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  三星バイオロジックス「今年4月に米に研究所を設立」

三星バイオロジックス「今年4月に米に研究所を設立」

三星(サムスン)バイオロジックスは今年4月、米国に研究所を新設して事業領域を拡大する。三星バイオロジックスは15日(現地時間)、米サンフランシスコで開催された「JPモルガン・ヘルスケアカンファレンス」で、サンフランシスコに委託開発(CDO)研究開発(R&D)研究所が進出して米国、欧州、アジアなどに追加進出することになるだろう」と明らかにした。

三星バイオロジックスは今年、CDO分野で少なくとも18件のプロジェクトを追加するという目標を立てている。三星バイオロジックスは、2017年にCDO事業を開始して委託開発生産(CDMO)企業に変身したのに続き、昨年は委託研究(CRO)、小規模委託生産(sCMO)などへと事業領域を広げてきた。

また、同日の行事に参加したジョン・リム三星バイオロジックス副社長によると、同社は委託生産(CMO)の分野では世界最大規模の36万4000リットルの生産規模を備えている。並列工業を通じて、競合他社に比べて工場建設と稼働に必要な期間も40%近く短縮した。ジョン・リム副社長は、「第3工場が完全に稼働する2022年ごろに、第4工場の設立を計画している」としてCMO工場の増設計画を明らかにした。

スポンサードリンク
金泰漢(キム・テハン)三星バイオロジックス社長(写真)は、「当社は、昨年の製品基準で35件のCMOプロジェクト、42件のCDOプロジェクト、10件のCROプロジェクトを受注し、47件のグローバル製造承認を取得して名実共に世界的なバイオ企業へと生まれ変わった」と語った。
http://www.donga.com/

2020-01-20-k001.jpg

2011年、サムスン物産、サムスン電子、アメリカ合衆国の製薬開発支援企業による合弁企業として発足。2018年11月、韓国金融当局は、サムスングループのバイオ会社の会計処理に不正があったと伝えている。同社株を当面、売買停止とする。問題の会計処理は李在鎔サムスン電子副会長の支配力が強まるようにグループを再編するためだったとの見方がある。合併の正当性や李氏による指導への逆風となり、経営継承を巡る論議が再び強まる可能性がある。

当時、韓国金融委員会傘下の証券先物委員会は14日、サムスングループのバイオ医薬品受託製造会社、サムスンバイオロジクスの株式を15日から売買停止となっている。同社が15年12月に実施した会計処理が「故意の粉飾にあたる」と指摘。粉飾の規模は約4兆5千億ウォン(約4500億円)と説明したが、会計上のどの項目の粉飾を指すのかは不明。サムスンバイオロジクスの2017年12月期のの売上高は4646億ウォンとグループ内では小粒だ。証券先物委員会の関係者は15年の会計処理について「(赤字が続いて)債務超過に陥ることを懸念したのではないか」との見方だ。
[ 2020年01月20日 08:32 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
最新コメント
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp


スポンサードリンク