韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国、ブルームバーグ・イノベーション指数で2位に後退

韓国、ブルームバーグ・イノベーション指数で2位に後退

韓国政府が経済政策の成果の一つとして掲げてきた「ブルームバーグ・イノベーション指数」の順位で、韓国は7年ぶりに1位から2位に後退した。同指数は米ブルームバーグ通信が毎年発表してきたイノベーション成長評価指数だ。今年の1位はドイツだった。

ブルームバーグが18日発表した「2020年イノベーション指数」によると、韓国は88.16点となり、対象60カ国で2位に入った。同指数は生産性、研究開発の集中度、製造業の付加価値、先端技術の集中度など7種類の指標を基準に順位を決める。

今年韓国は生産性分野で昨年(18位)より11段階後退し、29位にとどまった。製造業の付加価値(2位→3位)、教育の効率性(7位→16位)も昨年より順位が低下した。研究開発の集中度(2位)と先端技術の集中度(4位)は前年並み、研究の集中度(7位→5位)、特許活動(20位→11位)は順位が上昇した。ブルームバーグは「韓国の順位後退がすぐに韓国のイノベーションの没落を示すものではない」と指摘した。

1位だったドイツは先端技術の集中度(3位)、特許活動(3位)が高い評価を受けた。INGのチーフエコノミスト、カルスデン・ブルジェスキー氏はブルームバーグに対し、「製造業分野は競争が激しい分野であり、イノベーションの源泉だ。ドイツはこの分野で強みがある」と評価した。3-5位はシンガポール、スイス、スウェーデンの順だった。米国は9位、日本は12位、中国は15位だった。

スポンサードリンク
ブルームバーグ・イノベーション指数は政府がこれまでイノベーション成長の成果として誇ってきた指数だ。青瓦台のユン・ジョンウォン元経済首席秘書官は青瓦台のライブ放送に出演し、「ブルームバーグのイノベーション指数で韓国が数年連続でトップだったと聞いた」と語っている。青瓦台も昨年1月に公式ツイッターとフェイスブックを通じ、同指数で韓国が6年連続で1位になったと広報した経緯がある。
http://www.chosunonline.com/

2020-01-20-k002.jpg

ブルームバーグ・イノベーション指数は、7つの指標項目(研究開発投資額、製造能力、ハイテク系上場企業の集中度など)で、さまざまな基準を比較検討して決定されている。2019年までは、韓国が6年連続世界で最も革新的な国となった。「2019年ブルームバーグ・イノベーション指数」で、韓国は87.38点を獲得し、今年も首位となった。韓国は、研究開発(R&D)支出額と製造業付加価値でそれぞれ2位、先端技術集中度で4位、教育効率性や研究集中度でそれぞれ7位。ブルームバーグによると、「韓国は製造業付加価値と研究員集中度で強みを見せた」と評価した。また、「特許登録活動で点数が下落し、2位のドイツとの格差が縮まった」と伝えている。そして今年ドイツに抜かれた。
[ 2020年01月20日 08:48 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp