韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  2020年韓国の金融市場は 不安定な展開になっている

2020年韓国の金融市場は 不安定な展開になっている

2020年初以降、韓国の金融市場は不安定な展開になっている。韓国ウォンは弱含みで推移しており、株価も外部要因に振れやすい動向を続けている。海外投資家の多くが、韓国経済の先行きを慎重に見ているようだ。

韓国内外の経済状況を見ると、今のところ、短期間で同国経済が大きく混乱する可能性は低いだろう。特に、昨年後半以降、5G関連の需要の高まりなどを受けて、サムスン電子の業績悪化に一服感が出ていることは重要だ。サムスン電子の業績動向は、韓国経済に無視できない影響を与える。同社の業績拡大は、韓国の景気持ち直しの主な原動力となってきたといえる。

ただ、サムスン電子は競争の熾烈化に直面している。半導体市況が持ち直したとしても、同社がこれまでのように業績の拡大を実現し、シェアを高めることができるとは限らない。

また、韓国国内では、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の進めた経済政策が失敗したことが大きな問題になっている。足元で雇用環境は改善せず、デフレ懸念が出ている。海外情勢に関しても、中国経済の減速、米中の貿易協議の動向、中東の地政学リスクなど不確定要素が増大している。

スポンサードリンク
韓国企業が重視してきたわが国との関係も、どのように修復に向かうか不透明だ。その状況に危機感を強める韓国の企業経営者は増えている。やや長い目で見ると、韓国経済がこれまで以上に厳しい状況を迎える可能性は否定できない。現在の韓国は、国内外の不安定な環境に直面している。その中、韓国は世界的な低金利環境などに支えられ、何とか景気の悪化を回避している状況と考えられる。

2020-01-20-k003.jpg

韓国経済の今の状況は、昨年全産業での売り上げはおそらくは4000兆ウォンを割り込んだだろう。本来であればサムsンや現代自そしてSKハイニックスにLG電子が元気であればの話となる。サムスンは半導体の回復待ちとなるが、懸念材料は日本からの部材を自国生産に変えようとしている事である。日本シェアからの脱皮となるが、過去に失敗していることをまた繰り返そうとしている。しかも今からでは遅い。この部分での日本は技術伝授は東レの炭素素材のみとなる。

また現代自は先行き不安が大きい。車の在庫三か月分はどうなったのか。まだかなり残っていると考えるが。技術限界点で、設備は進歩しているが、難しい溶接などの検査は不十分。設備管理面の低下のみならず、何より品質低下が問題で、製造のサボりのみならず、加工部品の精度不足は大きな問題となる。日本との合弁会社で設備投資し、尚且つ加工技術の伝授が完了している企業であればまだ良いのだが、エンジンに使用するピストンをはじめとした加工技術は、まだまだ低い。従ってデザインとなるSUVラインナップをそろえたと自慢しているが、それほど単純な事では無い。

いまだ中国そして米国では主力企業で見れば最下位である。また米国でのエンジン火災の大クレーム対応は継続中だ。
[ 2020年01月20日 09:39 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp


スポンサードリンク