韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国、素材・部品・装備の猛スピードで『脱日本』実現

韓国、素材・部品・装備の猛スピードで『脱日本』実現

朝日新聞が日本の輸出規制から始まった韓国の「脱日本」の動きが成果をあげていると21日、報じた。

朝日は「韓国が素材や部品、製造装置の『日本頼み』からの脱却で成果を出し始めている」とし、「歴代政権の国産化の取り組みは実を結ばず、日本側も冷ややかにみていたが、官民挙げて猛スピードで対策を実現しつつある」と報じた。

朝日新聞は日本企業が独占していた超高純度フッ化水素の生産能力を確保したソルブレイン社に言及し、この会社を訪問した成允模(ソン・ユンモ)産業通商資源部長官が「日本の規制強化を機に(韓国は)ピンチをチャンスに変えた」と話した内容も紹介した。

朝日はその間失敗してきた「脱日本」が成功した理由について、関係者を引用して「時間とカネをかければ、できないことはなかった。だが、素材や部品は利幅も薄く、隣の日本から調達すれば事足りると考えていた。それが今回は、政府も業界も本気で取り組んでいる」と説明した。

スポンサードリンク
韓日間経済関係に詳しい韓国政府関係者は朝日新聞に「日本は輸出規制で半導体という韓国の一番痛いところを突き、寝た子を起こした。今回の脱日本は、これまでよりスピード感も質も違うことは確かだ」と伝えた。
https://japanese.joins.com/JArticle/261716

2015-04-09-sa-2.jpg

日本企業は顧客を変えるだけであるから、大きな問題ではない。ただ、受注量が多いサムスンなどは、他の顧客へ変更するまでの間は一時的に落ち込むが、日本企業もサムスンやSKハイニックスを当てにしない対応策を固めれば、韓国企業が日本に戻るという事は逆に難しくなる。と言うよりは韓国企業生産とは言え、最低二社購買を実施しているわけで、常に日本企業は韓国企業で問題が出た時のための保険になっているはず。

韓国企業ではコスト増・品質低下になるのは間違いがない。またシェアを日本が大きく握っているわけで、韓国を当てにしない対応システム構築には良いタイミングともいえる。もっともサムスン経営者が米国になり米国企業となれば別だが。

関連記事

[ 2020年01月21日 12:25 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
高品質の材料を継続して製造するのは並大抵のことでは作れないですよ!スマホを見ながらのテキトー連中が作れる様な生易しいものではないです。そういう意味で韓国がまともなものを作り続けるのは無理だと思います。
[ 2020/01/21 19:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp