韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  サムスンがインドにスマホ向けディスプレイ工場設立、約550億円を投資

サムスンがインドにスマホ向けディスプレイ工場設立、約550億円を投資

かつてインドのスマートフォン市場をリードしていたSamsung(サムスン)は、インド事業に5億ドル(約550億円)を投資し、ニューデリー郊外にディスプレイ製造工場を設立する。

サムスンは今月初めに現地当局に提出した書類の中で、この投資と計画を明らかにした。同社によると、この工場ではスマートフォン向けのディスプレイをはじめ、さまざまな電子機器を生産する予定だという。

また提出書類の中でサムスンは、(首都デリー南東近郊の産業都市である)ノイダの既存工場の土地の一部を新工場に割り当てたことを明らかにした。サムスンは2018年、世界最大のモバイル製造工場をノイダに開設した。その工場のために、同社は約7億ドル(約770億円)を費やすことを約束した。

この新工場は、サムスンによるスマートフォン部品の現地生産能力をさらに高め、ニューデリーで提供されるさまざまな税制上の優遇措置を受けるために役立つはずだ。これらの利点は、インドでのサムスンのリードに終止符を打った中国のスマートフォンメーカーのXiaomi(シャオミ)と対峙する同社にとって、非常に役に立つだろう。

スポンサードリンク
現在、5億人近いスマートフォンユーザーを持つ世界第2位の市場のインドにて、サムスンは第2位のスマートフォンメーカーだ。一部のアナリストによると、サムスンはここ数カ月、中国Realmeに市場シェアを奪われており、また同ブランドは2019年の第4四半期にサムスンのシェアを上回る見通しだという。
https://jp.techcrunch.com/

2015-01-08-sa-1.jpg

サムスン電子が、インド市場でスマートフォン用のディスプレーやバッテリーパックの生産工場を立ち上げる。サムスン電子傘下でバッテリーを扱うサムスンSDIと、パネル事業を手掛けるサムスンディスプレーがそれぞれ各インド法人を通じて新工場を設立する。サムスン電子はインドのスマホ市場で長らく1強状態だったが、17年から中国のシャオミとの攻防が激しくなっている。足元の19年1~3月期のシェアはシャオミが29%と首位で、2位サムスン(23%)は劣勢に立たされている。

スマホ部品の現地調達を増やし、コストを抑えて競争力を高める狙いがある。またアップルはすでに中価格帯で成功しており、サムスンの東アジア地区では利益は殆どない。中低価格帯では中国スマホには勝てない。低価格で高性能でなければインドでは通じない。すでにインドネシアなどでは、高性能で低価格帯の中国スマホは勢いがある。数ではサムスンだが、単に宣伝用では意味は無い。販管費を抑えても売り上げを伸ばせるシステムが重要で、今の時代で新興国においてバラまきは通じない。。
[ 2020年01月22日 09:13 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp