韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国、脱日本を加速…素材・部品・装備に2兆1000億ウォン投入

韓国、脱日本を加速…素材・部品・装備に2兆1000億ウォン投入

韓国政府が今年、素材・部品・装備分野に約2兆1000億ウォン(約2000億円)の予算を投入する。素材・部品・装備の主要需要者の大企業と供給者の中小企業、政府出資研究機関の協力を拡大するのが核心だ。海外技術を導入するため国外企業とのM&A(企業の合併・買収)も増やす計画だ。

政府は素材・部品・装備製品需要企業と供給企業の協力と研究・開発(R&D)を増やすことに主眼点を置いている。この日の会議で政府は需要・供給企業が参加する6件の協力事業を新たに承認すると明らかにした。11月に初めて4件の事業を承認してから3カ月間で10件に増えた。 この日承認された6件の協力事業は▼半導体前工程▼二次電池用素材▼フッ素系シリコン素材▼炭素繊維分野の設備・素材▼高性能油圧バルブ部品--など、相当部分を海外に依存している品目だ。会議が開かれたフォトレジスト素材生産企業の京仁洋行が協力事業に含まれた。

協力方式は▼国内企業の海外技術保有企業M&A▼政府出資研究機関から技術移転を受けた国内中小企業・大企業間協力R&D▼国内企業が海外M&Aで確保した原料製作技術・製品共有--など。政府は今年中にこうした協力事業を20件以上に増やす計画だ。

スポンサードリンク
昨年11月、世界3大半導体装備会社の一つ、ラムリサーチは600億ウォンを投資し、半導体製造工程の核心装備R&Dセンターを設立することにした。グローバル化学素材企業デュポンは極端紫外線(EUV)用フォトレジスト生産工場を天安(チョンアン)に建設する。韓国中堅企業ソルブレーンは日本から全量輸入されてきたトゥエルブナイン(純度99.9999999999%)フッ化水素の量産設備を開発した。政府は開発された技術が生産段階まで適用されるよう1500億ウォンの予算を投入し、15カ所の公共研究所にテストベッドを構築することにした。
https://japanese.joins.com/JArticle/261778

2012年に化学工場でのフッ化水素酸漏出により作業員ら5人が死亡し、住民ら4000人あまりが健康被害を受けたという大規模な事故が起きている。高純度のフッ化水素の国産代替品を生産しようとすれば、こうした悪夢が再び起きる恐れもある。高純度フッ化水素国産化が成功し、実用化となったとしても、高純度フッ化水素の場合、その純度と維持管理を含めた生産コストが重要となる。 

あれもこれもと欲張れば、過去の事例で設備の見直しすら実施できていないわけで、しかも海外企業買収とはいえ、買収されることはあっても買収すること自体が企業規模が小さく難しい。政府は金を出した時点で成功したかのようにふるまうのだが、大統領が変わるたびに同じ過ちを繰り返すのが韓国である。

わずか3品目の半導体材料の輸出管理強化でパニック状態に陥った韓国だが、半導体製造装置やシリコンウエハーなど、日本が高いシェアを持つ半導体関連製品はほかにも山ほどある。高純度フッ化水素だけでなく、エッチングや配線材料に不可欠な半導体用高純度ガスについても、その多くを日本が供給している。 現在、半導体用高純度ガスの国内市場規模は600億円前後で推移しているが、世界市場はそれよりはるかに大きく、5000億円弱と推測される。主戦場は韓国、台湾、中国などの東アジアとなる。

高純度ガスを供給するメーカーは今でも日本企業が強い。昭和電工、大陽日酸、関東電化工業、ADEKA、セントラル硝子、住友精化、ダイキン工業などが様々な電子材料ガスを製造・販売している。
[ 2020年01月22日 15:16 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp


スポンサードリンク