韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  「NOジャパン」終了? 日本の一部路線で予約率80%超

「NOジャパン」終了? 日本の一部路線で予約率80%超

今回の旧正月連休(1月24日から27日まで)に空港を利用する航空会社の乗客が韓国全土で220万人を上回ると予想される中、一部の日本路線の予約率が80%を超えるなど、日本不買運動が下火の気配を見せている。韓国空港公社釜山地域本部は旧正月連休特別交通対策期間の23日から27日までで国内線9万1576人、国際線14万1043人の計約23万人が金海国際空港を利用するものと予想されることを23日、明らかにした。一日平均利用客数は約4万6000人で、昨年の5万人より低い数値だ。

国際線では旧正月連休期間の一日平均利用客数が2万8208人で、昨年の3万人より約5.8%減少する見通しだ。しかし、同期間中の日本路線の平均搭乗率は60.8%で、搭乗率が50%まで下がった昨年下半期に比べると上昇傾向にあることが分かった。一部の格安航空会社では、旧正月連休の日本路線の平均予約率が84%に達するという。業界関係者は「昨年の旧正月連休期間の日本路線平均搭乗率が80%を上回っていたのと比較するとまだ低いが、今回の連休を基点に日本旅客需要が回復傾向に転じる可能性もある」と語った。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/01/24/2020012480001.html

スポンサードリンク
2020-01-24-k003.jpg

日本路線を拡大させることで成長してきた韓国のLCC業界に赤信号が灯った昨年。日本政府が韓国に対する半導体素材関連品目の輸出規制を行い、韓国ではそれに反発して日本旅行をキャンセルする動きが急速に広がった。「ボイコットジャパン」と言える動きで、航空業界では、反日感情の高まりが、日本路線が多いLCCの収益悪化の直撃弾を与えた。一方日本は中国その他の国で補い結果として予定した値を超えた。

韓国LCCが低迷し、結果「ボイコットジャパン運動」は底を打った。がしかし中国初の新型コロナウィルスで、韓国も発症し広がりを見せており、日本へ入り込む可能性がある。韓国はコロナウィルスで大低迷となったことがあるだけに日本旅行には注意が必要だ。
[ 2020年01月24日 09:08 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp


スポンサードリンク