韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  新型肺炎拡大で中韓同時暴落! よみがえる「SARSの悪夢」…同規模ならGDP47兆円損失も!?

新型肺炎拡大で中韓同時暴落! よみがえる「SARSの悪夢」…同規模ならGDP47兆円損失も!?

中国で新型肺炎の拡大が続く中、24日から最大級の商戦期「春節」入りしたが、消費への打撃が懸念される。封鎖された武漢市は習近平国家主席肝いりの国家戦略「中国製造2025」の重要拠点でもあり危機感は強い。中国と道連れの様相なのが韓国で、人民元相場と上海株の急落に連動してウォンと韓国株が売りたたかれた。専門家は「中韓共倒れ」のリスクを指摘する。

23日の上海株式市場で総合指数は約2・8%の大幅下落、節目の3000を割り込んだ。人民元も1ドル=6・9元台と節目の7元に迫った。 武漢市は半導体やスマートフォンの製造拠点も置かれており、封鎖が長期化すれば中国のハイテク生産に悪影響が出ることになる。 韓国の総合株価指数(KOSPI)も1%近く下落、ウォンも1ドル=1170ウォン近辺と売り優勢になった。中韓両国とも不安材料を抱えたまま旧正月の休場に入った。 「市場関係者には、SARS(重症急性呼吸器症候群)の悪夢がよみがえっている」と話すのは、中韓経済に詳しい元週刊東洋経済編集長の勝又壽良氏。

SARSでは2002年から03年にかけて世界で774人の死者が出たが、大半は中国と香港だった。中国と香港の株式市場では、10%を超す下落に見舞われた。 ロイターによると、SARSの流行が中国と香港の経済に与えた影響はGDPの1〜3%だったと試算されている。中国の19年の国内総生産(GDP)は99兆865億元(約1566兆円)。SARSと同じ規模の影響が出ると想定すると、16兆〜47兆円となる。

スポンサードリンク
韓国でもSARSの悪影響で02年には四半期GDP成長率が8%台だったのが、03年には2%台まで落ち込んだ。「韓国は中国と距離的にも近く、経済の依存度も一段と高まっている。今回もSARSのときのように共倒れリスクが懸念されている」と勝又氏。「習近平政権は、肺炎対策が後手に回った末に、武漢市を事実上封鎖するという荒っぽい手段に出た。感染拡大を押さえ込めないまま、個人消費や生産の落ち込みなど経済にネガティブなインパクトを与えるだけの結果になるのではないか」と分析した。
https://topics.smt.docomo.ne.jp/

2020-01-24-k001.jpg

韓国でも新型ウィルスは広がりを見せ始めている。SARS(重症急性呼吸器症候群)の時には、サムスンの病院内の陰圧調整ができておらず、病院内にウィルスが拡散した。病院が陰圧調整を実施したかは未定だ。日本の病院内では、室内の圧力を制御することにより、病状にあわせた病室環境を提供している。陽圧管理とは、抵抗力の弱い患者(白血病など)の場合、周囲の汚染から守るために逆隔離するため、室内を陽圧にしている。( 無菌病室 )。また、陰圧管理とは、感染症などの保菌患者(SARSなど)は、室内を陰圧にすることにより隔離し、病原菌を封じ込めて、他へ汚染がひろまるのを防止する。( 陰圧隔離病室 )

日本の病院は上記を考慮した設計となっているが、韓国はそうではなかったという事だ。今回はどうなるのかは不安が大きい。また同じミスを繰り返すのが韓国である。金をかけて陰圧調整のための設備投資したというニュースは見ていない。厄介なことにまたウォン安へ移行し始めている。投資家の動きは速い。もし新型ウィルスが広がれば、あっという間に海外投資家は韓国を去るだろう。意外な結果にならなければよいが。米中貿易でウォン安に歯止めがかかり事なきを得て、通貨危機を何とか逃れている状態にある。だが新型ウィルスでとどめ打ちとなればあっという間に国家破綻となる可能性もある。
[ 2020年01月25日 08:49 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp