韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  韓国国防費、6年後には日本の防衛費を上回る見込み

韓国国防費、6年後には日本の防衛費を上回る見込み

国防部によると、2026年韓国国防予算は71兆2000億ウォンを上回り、日本の防衛予算69兆6000億ウォンより2%程度多くなるという予想が出ている。これは現在の国防予算増加率を維持するという仮定にともなう計算だ。今年2020年の韓国国防予算は50兆1527億ウォン(約4兆7000億円)、日本の防衛予算は5兆3222億円だ。

韓国の国防予算は日本の防衛予算より格差が毎年減っていく傾向を見せている。韓国の国防予算は2001年日本の防衛予算の30%水準に過ぎなかったが、2011年には60%水準、2020年には86%水準まで上昇した。韓日間国防費の逆転現象はその間韓国国防予算増加率が高まった結果だ。特に、文在寅(ムン・ジェイン)政府が発足してから最近3年間に10兆ウォンが増加した影響が大きかった。国内総生産(GDP)に比べて国防予算の割合は2011~2017年間2.2%水準にとどまったが、今年2.5%水準まで上昇した。

反面、日本防衛予算は2000年代入って以来下落傾向を見せている。2012年安倍晋三首相執権以降増加傾向に転じたが、追い上げる韓国を締め出すことは難しかった。韓国のここ5年(2016~2020年)間国防予算の平均増加率は6%を維持し、日本の1.3%水準を大きく圧倒した。

スポンサードリンク
2019年資料(2018年予算)を基準にして韓国の国防予算は▼ロシア(453億ドル)の84%▼ドイツ(457億ドル)の84%▼フランス(534億ドル)の72%水準だ。韓国国防費が日本防衛予算をリードする2026年ごろ、この国国防費とも似たような水準に到達したり、上回ったりする可能性が大きいというのが国防部の分析だ。
https://japanese.joins.com/

韓国の税収が減少する中で、国家予算の半分が外責と言う状態で、6年後には日本の防衛費を上回るという事自体無理がある。政府負債大国である韓国が、負債を無視した記事でなる。むしろ日本は米国に頼らずに自国防衛路線に転じれば、日本の防衛費は莫大な数値なりかねない。しかし現実は日米同盟が続く限りは、在日米軍活用へと転化し、日本は軍備においても完全復権を遂げるだろう。

となると自国防衛は明確になり、日本主導の自国防衛路線が加速し、防衛費は自国の研究投資含め、増大する可能性がある。韓国は北朝鮮との統一は無理であり、統一資金すら準備はできないだろう。また近隣諸国は統一資金を提供する事も無い。日本とて、拉致問題が解決するという引き換えがあれば、北朝鮮開発支援と言う形で、日本の投資が入る可能性はあるが、あえて統一資金と言う名目にはならないとみる。また朝鮮半島を戦争に巻き込んだという点においては、韓国にすでに援助と言う名目で金を支払っている。あえて北朝鮮に再度支払うことは無い。

従って単に防衛費だけ見ても、上昇率だけで考慮すれば6年後と言う数値になるのだろうが、現実は程遠いことを韓国政府もメディアもは理解する事である。その前に国家破綻が先に来る可能性のほうが高い。
[ 2020年01月26日 08:13 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(1)
そもそも韓国の経済が6年も持つんでしょうかね?
[ 2020/01/26 08:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
最新コメント
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp


スポンサードリンク