韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  「AI大国」目指す韓国、現実は厳しい?

「AI大国」目指す韓国、現実は厳しい?

2020年1月24日、韓国・聯合ニュースは「韓国は世界レベルの人工知能(AI)大国を目指しているが、それに相応する専門人材育成は不十分だとの指摘が上がっている」と伝えた。韓国国会の立法調査処が発表した報告書によると、世界のAIの「一流人材」500人のうち韓国出身者の割合は1.4%にすぎない。これは米国(14.6%)や中国(13.0%)の10分の1の水準で、シンガポール(6.2%)、フランス(2.8%)、台湾(1.8%)、イスラエル(1.6%)より低い水準だ。

また、世界のAI専門人材2万2400人のうち46%が米国、11.3%が中国で働いており、韓国で働く専門人材は1.8%にすぎない。さらに、韓国のAI技術の水準は米国の81.6%の水準で、中国(米国の88.1%)や日本(米国の86.4%)より低いという。同処は「競争国に後れを取っているAIの技術・活用・人材の水準を全面的に上げるため、発展政策の推進に集中することが必要」と指摘したという。

これに韓国のネットユーザーからは「政治家は対立ばかりしていないで国の未来のために協力してよ。この国の未来が心配だ」「韓国社会は人材を大切にしない上、米国に行けば倍以上の年収がもらえるのに韓国に残る人なんていないよ」「韓国の成長を妨げている一番の原因は英語。英語は生まれた時から教えるべきだ。そして知識注入型の入試制度も問題。どんな英才も鈍才に変えてしまう」など問題点を指摘する声が続々と上がっている。
https://www.recordchina.co.jp/b776201-s0-c30-d0058.html

スポンサードリンク
3nmではサムスン電子がTSMCに追いつき、追い越すかもしれない。ところが、これら10nm、7nm、5nm、3nmという、一見半導体の微細性を示しているように見える数字(プロセスルールと呼ぶ)は、ほとんど意味がない。実際に、TSMCとサムスン電子が量産している7nmの半導体には、7nmサイズの場所がどこにもない。 詳細はこちら

コメントにも詳細に書かれています。7nmというのは一体何なのか? 実は単なる“商品名”であることを説明する。(詳細記事ではPremium会員しか見れません)

半導体はこれまで、半導体回路の線幅を細くし、回路を小さくする「微細化」によって省電力化、高性能化、面積の縮小といった技術革新を進めてきたわkですが、経験則的に言い表したのが大手メーカー・インテルの創業者ゴードン・ムーア氏が1965年に提唱した「ムーアの法則」だ。これは「半導体の集積率が18カ月で2倍になる」というもので、これまで半導体メーカー各社はこのペースを維持するように微細化を進めてきた。

2020-01-26-k005.jpg

しかし、メモリ半導体はこれ以上の微細化を行うと性能面で支障をきたすレベルまで微細化を遂げつつある。従来の方法で線の幅を細くしていく方法はもう使えなくなる。メモリ半導体の一種であるNANDでは、回路を縦方向に積み上げる3次元化で微細化を進めるが、歩留まりも悪く、従来のペースで微細化を進めることはできていないとつたえいます。 詳細はこちら

更に別記事では、「多くの人は、プロセスルールとは、トランジスタの電極のサイズ(ゲート長という)であると勘違いしている。ゲート長は、図の通りプロセスルールとは基本的に無関係である。7ナノメートルプロセスではゲート長は18ナノメートル程度あり、まだ原子レベルが問題となるサイズではない。 業界では有名な話だが、実は7ナノメートルプロセスのチップ上に7ナノメートルサイズの箇所はどこにもない。プロセスルールはむしろ配線ピッチ(間隔)に比例しており、トランジスタ集積密度を間接的に示す指標であった。」 詳細はこちら

という事の様である。 さらに今年2019年に、TSMCとサムスン電子が、「プロセスルール7nmの半導体を量産している」といっても、もはやそのような箇所はチップ上のどこにもないし、プロセスルールと比例関係にある箇所もない。 となると、プロセスルールとは、その半導体メーカーが勝手に決めた“商品名”としか言いようがないのであると伝えている。

結果、TSMCは、チップを3次元に多数積層することにより、集積度を上げる手段をとり始めたわけで、微細化が止まっても、半導体の未来は明るいと締めくくっている。

関連記事

[ 2020年01月26日 12:21 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
無知はこわい
あのねー。うわべだけの情報が世の中に蔓延っている。事実1;二年前までに世界で一番AI用のパソコンが売れた国は日本。しかも金額ではダントツ。
事実2:AIの裾野の広さ(産業の広さ)は日本がダントツ。事実3:AI用のベンチャーは量では、中国、アメリカ、日本の順。しかし、質では、アメリカ、日本の順。しかし、AI製品の部品の製造では日本がダントツ。以上。マスゴミ野郎わかったか?ぼけ!マスゴミは廃業しろ!
[ 2020/01/26 16:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp