韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  ADAS向けのエッジプロセッサ、ECUの負担を最大70%減

ADAS向けのエッジプロセッサ、ECUの負担を最大70%減

車載用半導体を開発する韓国のNextchipは「オートモーティブ ワールド2020」(2020年1月15~17日、東京ビッグサイト)で、ADAS(先進運転支援システム)向けのエッジプロセッサ「APACHE4」のデモを展示した。

APACHE4は、コンピュータビジョン技術をベースに自動車や歩行者などを検知するためのプロセッサで、Armの「Cortex-R5F」コアの他、CEVAのDSPコア、Nextchip独自のISP(Image Signal Processor)などを搭載している。歩行者検知、自動車検知、レーン検知、移動体検知の4つのアルゴリズムを同時に動作させることが可能だ。30フレーム/秒(fps)の映像と最大5Mピクセルのカメラに対応している。

Nextchipの担当者は「当社はISPの技術で23年間の実績を持っており、カメラなどセンサーからの信号の処理に強みを持っている。APACHE4は、ADASや自動運転のコンピュータビジョン処理におけるECU(電子制御ユニット)の負荷を低減することが狙いだ」と述べる。Nextchipによれば、APACHE4によって、コンピュータビジョンの処理におけるECUの負荷を最大70%低減できるという。また、APACHE4は車載用部品の品質規格であるAEC-Q100に準拠している。

スポンサードリンク
APACHE4は2020年2月にエンジニアリングサンプルの出荷を開始し、2020年内には量産を開始する予定だ。評価基板/デモボードも用意する。 Nextchipは、APACHE4にディープラーニングも行える機能を追加した「APACHE5」も開発中だ。CNN(畳み込みニューラルネットワーク)のアルゴリズムを実装できる。ただし、その分、APACHE4よりも処理は重くなるとNextchipの担当者は述べる。
https://eetimes.jp/ee/articles/2001/21/news021.html

2020-01-26-k010.jpg

日本の東芝のVisconti4シリーズは、新機能SfMアクセラレーターの搭載により、落下物・落石・土砂崩れなどの予期せぬ不特定の障害物(の検知を可能としている。単眼カメラの時系列の画像情報から静止物の距離、高さ・幅の三次元情報の推定が可能で、従来製品で検知可能な移動体や歩行者・車両などの物体に加えて事前学習のない全く新しい障害物も検知することが可能。

ソフトバンクグループ傘下の英半導体設計最大手アーム・ホールディングスも有力だ。2018年9月には、新たな「Arm Safety Readyプログラム」や世界初の自動運転対応プロセッサとなる「Arm Cortex-A76AE」、アプリケーション・プロセッサでは初となる安全性技術「Split-Lockテクノロジー」を同時に発表している。

半導体分野でモービルアイを脅かす急先鋒がエヌビディアとなる。高速画像処理を可能とするGPUやAIチップ、AIプラットフォームなどを武器に、自動車メーカーらのADAS(先進運転支援システム)開発から完全自動運転開発までトータルでサポートする製品を展開している。「NVIDIA DRIVE」プラットフォームは、最大16個のカメラセンサーからのデータを同時に処理でき、AI自動運転車の開発に向けた信頼性の高いトレーニングライブラリ構築のために重要なデータを収集できる。
[ 2020年01月27日 15:58 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp