韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  回復期待した韓国の輸出・観光、「武漢ショック」に会った

回復期待した韓国の輸出・観光、「武漢ショック」に会った

「米中貿易戦争が終わりそうで期待感が高かったが、今度は目に見えないウイルスまで気を遣わなくてはいけない状況だ」。旧正月連休最終日の27日、受話器の向こうから聞こえるある大手企業役員のため息は大きかった。彼は「地政学的危機に加えバイオ危機まで襲ったこれまで経験したことのない悪材料が訪ねてきた。年末に立てた事業計画を立て直さなければならないかもしれない」と話した。

新型コロナウイルスの恐怖が韓国企業を襲っている。不確実性が大きくなった上に、中国の消費市場萎縮が大きな心配に浮上した。SK総合化学など韓国企業の中国・武漢脱出も続いている。 石油化学業界の特性から社員の中国出張が頻繁なSKイノベーションは、事実上中国出張禁止令を下した状態だ。必要な場合は最小限の人数に限り、担当役員の決裁を得なくてはならない。LGエレクトロニクスも28日から武漢だけでなく中国全域への出張を禁止することにした。現地法人にいる既存出張者もやはり早期帰国することにした。

ポスコグループは中国政府などの対応を見守りながら駐在員撤収の検討に入った。ポスコは武漢で自動車用鋼板を加工する加工センターを2015年から運営している。広州に工場を運営しているLGディスプレーも役員社員の中国出張を自制することにした。ハンファと暁星(ヒョソン)グループなども武漢をはじめとする中国出張を自制することを社員に勧告した状態だ。サムスン電子も外交部の旅行警報第3段階(撤収勧告)に合わせ該当地域への出張を自制することにした。

スポンサードリンク
企業は特に中国市場の萎縮を心配する。韓国企業の対中輸出比率は絶対的だ。貿易協会によると2018年基準で中国を相手にした輸出額は韓国の全輸出額のうち26%を占めた。 韓国政府としては予想できなかった悪材料にぶつかった。大型伝染病は直接的・間接的に経済成長率を引き下げる要因だ。企画財政部は先月19日、今年の経済成長率を2.4%と予想した。昨年の2.01%より0.39ポイント上げた。政府が今年の景気を楽観した根拠は外部環境の改善だったが新型肺炎が発生したのだ。予想できない変数のため景気回復動向には障害になりかねない。
https://japanese.joins.com/JArticle/261914

2020-01-28-k006.jpg

中国の新型コロナウイルスで、韓国経済は必至な状態だ。観光業はとどめ打ちとなり、韓国貿易は日本部材で部品を製造し、中国で製品にし、米国へ輸出する家電製品は大きな打撃となる。スマホ事業については製造拠点はベトナムで、販売はインドを含めた周辺国となるので、中国で売れないスマホに大きな影響は出ないとみる。家電に自動車産業にまで影響が及ぶと、韓国は利益を得る産業での直撃弾を食らうことになる。

特にコロナウイルスは過去に大きな打撃が出ているわけで、ウイルスが変異したら大変なことになる。恐らくは前回ウイルスの広がった原因となる院内感染は今だ不備が多いだろうと予想すると、韓国人の移動には日本は注意が必要だ。韓国人旅行客がまた増加し始めるほどに危険も増加する。
[ 2020年01月28日 08:52 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
最新コメント
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp


スポンサードリンク