韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国人旅行先、1番人気は「日本」 強い反日感情のウラに…不思議な“二重基準” 識

韓国人旅行先、1番人気は「日本」 強い反日感情のウラに…不思議な“二重基準” 識

日本製品の不買運動や東京五輪への旭日旗持ち込み禁止要求など、相も変わらず「反日」に必死の韓国。しかし、旅行予約サイトのデータでは、韓国人旅行客の間で1番人気の国が日本だというのだ。ダブルスタンダード(二重基準)の心理はどんなものなのか。

日本の人気ぶりを伝えたのは、オンライン旅行予約プラットフォームの「Agoda(アゴダ)」。同社の予約データを分析したところ、韓国の旧正月にあたる「ソルラル」で韓国人旅行客に最も人気の旅行先は日本で、2位がベトナム、3位がタイだった。都市別でも2位に福岡、7位に東京、9位に大阪がランクインしており、人気が根強いようだ。

日本政府観光局によると、昨年12月の訪日韓国人は24万8000人(前年比63・6%減)だったものの、昨年最も少なかった10月に比べると約5万人増加している。

閑古鳥が鳴いていた長崎県の対馬では、「南部ではまだ韓国人観光客を見かけないものの、北部では1日の船の運航数が1便から3便に増えたため、少しずつ観光客は増えつつある」(対馬観光物産協会)という。

スポンサードリンク
韓国事情に精通するジャーナリストの室谷克実氏は「『これはこれ、それはそれ』という身勝手な理論が彼らには存在する」とした上で、「そもそも韓国には旅行先が少なく、価格も高いため、どうせならアクセスもサービスもいい日本に行きたいという精神が根底にある。今後も徐々に不買運動が解除されていくのだろう」と予測している。
http://www.zakzak.co.jp/

そもそも反日感情と言うのは、日本への興味が高い事への裏返しでしかない。日本に全く興味が無ければ、反日と言う言葉すら出て来ないわけで、日本を意識するあまりに、日本への対抗心は日本経済を支える様々な産業において、阻止しやすい対象で不買運動を実施したりと、興味を韓国に引き寄せる思惑がある。それだけ日本を意識しているという事だ。

特に竹島問題などの領土となると、日本の軍事力が敗戦後からの復権につながるほどに韓国政府の反抗心が高くなる。日本国民は韓国などの関心度は韓流とK-POP以外に無かった。ところがさすがこれだけ反日で騒げば、韓国政府の事をネットやTVを通じて多少は目に入るだろう。韓国が異常と認識すれば日本人は韓国には行かない。

敗戦後の日本は米国に負けない言う対抗心で、技術改革を含め経済成長を遂げてきた。一方で戦争における米国への恨みと言う概念ではない。米国に負けない企業技術で追い抜くことだけに専念してきた感がある。ところが韓国はいまだ戦争をしていない日本を恨む弱い国では、自国経済は常に外部要因で変動し、自分たちで何とか解決しようという意識の高い国にはならない。

日本企業の技術伝授と外資に頼りすぎた結果、現行経済の限度を迎え、次どうするのかで悩むうちに高齢化社会に突入し、身動きできない状態が続いている。今後の韓国経済は成長が乏しく、サムスンは韓国を離れ、主力大手企業も外資に押されて、拠点移動せざる負えなく無くなる。自国政府はどう対応するのだろうか。
[ 2020年01月29日 09:35 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp


スポンサードリンク