韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国、今年は輸出回復を期待したが…「武漢肺炎」が伏兵に

韓国、今年は輸出回復を期待したが…「武漢肺炎」が伏兵に

今年1月の一日平均輸出額が前年同月比で3.1%増加した。14カ月ぶりのプラス転換だ。13カ月連続のマイナスに終止符を打ち、反騰のモメンタムを用意したという評価が出ている。 しかし新型コロナウイルス感染症(武漢肺炎)事態で韓国最大の輸出市場である中国経済が急速に冷え込み、輸出の回復がまた不透明になるという見方が出ている。

成允模(ソン・ユンモ)産業通商資源部長官は30日、中小企業中央会を訪問し、中小企業人30人と懇談会を開いた。成長官はこの席で「韓国の輸出は昨年10月を底点にしだいに改善する流れが続いている」とし「1月の全体輸出は旧正月連休など影響で1けた減少が避けられないが、操業日数の影響を排除した一日平均輸出は14カ月ぶりにプラス(前年同月比増加)に転換し、輸出反騰のモメンタムが構築されるだろう」と述べた。

1日から29日まで一日の平均輸出は前年期比で3.1%増加した。1-20日までは一日平均、月別実績がともに前年同期比0.2%減だった。1-20日の輸出を品目別に見ると、半導体(8.7%)、石油製品(19.3%)などが増え、乗用車(-6.8%)、無線通信機器(-6.2%)、船舶(-42.1%)などは減少した。 産業部の関係者は「1月31日まで一日平均輸出は前年同月比3-4%増加すると予想される」とし「ただ、昨年は旧正月連休が2月で、今年は1月であるだけに、操業日数などの影響で1月の輸出は前年同月比1けた減少になるだろう」と説明した。昨年1月輸出は前年同月比-6.2%だった。

スポンサードリンク
武漢肺炎が輸出反騰の悪材料として作用すると予想される。政府は米中間の第1段階貿易交渉合意、半導体の景気回復などを受け、2月から輸出が増加傾向に転じると期待した。産業部関係者は「2月から輸出がプラスに転換すると予測したが、予期せぬ武漢肺炎事態が輸出に悪影響を与えることも考えられ、注視している」とし「武漢市は中国国内の自動車生産拠点であり、国内自動車部品業者も多数進出している」と述べた。
https://japanese.joins.com/JArticle/262055

2020-01-26-k006.jpg

韓国では、SARS(重症急性呼吸器症候群)が猛威を振るった2003年を思い出す。武漢肺炎による中国経済への衝撃がSARS当時より強いという分析も出ていると報じている。半導体が好調となるほどに中国そして米国への鈍化で、サムスンの復帰はさらに遅れざる負えない。東アジアでのスマホ販売は好調であるが、中国企業がインドで上位を占め、サムスンは3位に転落した。半導体在庫で中低価格スマホに半導体を搭載し、台数売りに走る今年となりそうだ。

ただスマホ事業での利益はサムスンは非常に低い。大半が販管費で消えている。低価格スマホはバラマキでしかないので本来販管費で計上すべきだが、売り上げ台数への計上で世界一を不動にしている。しかしスマホでの利益はgalaxyの初期だけでその後は芳しくない。インドでのアップルも一時順調に伸びつつあったが、中国に押されて、東アジアではアップルも苦労している。

さらに韓国自動車企業は、すでに限界点となり、ルノーやGMは撤退するだろう。現代自も起亜自も程々は売れても、世界企業から次第に離されることになる。いずれエコ車となれば、部品数低減での雇用減少で、失業者は増加する。これは世界の自動車企業に言える事で、日本企業も他の付加価値と同時に改革する必要がある。
[ 2020年01月31日 09:31 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp