韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  韓国“嫌中パニック”! 60万人が中国人「入国禁止」請願、ソウルでは乱闘…それでも中国にこびへつらう文大統領

韓国“嫌中パニック”! 60万人が中国人「入国禁止」請願、ソウルでは乱闘…それでも中国にこびへつらう文大統領

世界各国が、中国との“絶縁”に動いている。中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎が「パンデミック(感染爆発)」寸前であることを警戒して、米国は中国全土を「渡航禁止」にし、中国への渡航歴がある外国人を入国禁止にした。ロシアは国境を封鎖した。世界保健機関(WHO)が「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」と宣言するのが遅れたため、恐怖感や不信感が広がっているようだ。こうしたなか、韓国は過剰とも思える反応をしている。先日まで「ノー・ジャパン」で盛り上がっていたが、中国人を排斥する「ノー・チャイナ」の動きが広まっている。大統領府には「中国人入国禁止」を求める請願が約60万人分も集まった。「反日・親中」とされる文在寅(ムン・ジェイン)大統領はどう対応するのか。

「政府はやりすぎだと言われるほど、強力かつ迅速に先制的措置を取らなければならない」 文氏は、「パンデミック(感染爆発)」寸前の新型肺炎について、総力を挙げて対応するよう、こう指示した。東亜日報(日本語版)が1月29日伝えた。被害が拡大すれば、4月の総選挙を直撃しかねないだけに、必死のようだ。 中国の保健当局によると、1日時点で、中国本土における新型肺炎の感染者は1万1791人、死者259人となった。世界各国にも感染は拡大しており、1月31日現在、中国以外では24の国や地域で感染者が確認されている。

感染者数11人(同月31日現在)の韓国では、文氏の大号令を受けて、武漢市から入国した中国人3000人全員に感染調査を行うことを決めた。聯合ニュース(同)によると、居場所や連絡先が分からない場合、法務省や警察庁などと協力して突き止めるという。まるで犯罪者扱いだ。

スポンサードリンク
韓国事情に詳しいジャーナリストの室谷克実氏は「今回の警戒心は尋常ではない。韓国らしく、一時の熱が高まっている状態だ。以前、新型ウイルス対策に失敗して多くの犠牲者を出しただけに、『次は失敗できない』という思いもあるのだろう」と指摘する。 韓国では2015年、MERS(中東呼吸器症候群)が大流行し、死者38人を出した。初動対応のマズさから、病院内で感染を拡大させるなどして大パニックを招いた。文氏としては、悪夢を繰り返さないための強硬策を講じているようだ。
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/200202/for2002020001-n1.html

2020-02-02-k005.jpg

韓国全土に広がる「中国人お断り」。中国人と聞いただけで入店すらお断り状態になりつつある。韓国内の中国人も同様。自分だけが良ければ良いという韓国民の姿がまた浮き彫りになった。中国へのマスク支援は日本より遅れ、中国からの韓国人の受け入れも遅れた。挙句にこの騒ぎとなる。

とは言え日本は逆に、対応が遅れたともいえるわけで、日本での今後の広がりにも注意が必要だ。今の韓国に「反中」対応をする韓国に対し、中国人観光客の間に不満が募っているというが、新型コロナウイルスが落ち着くころには、中国の韓国切りがはじまるだろう。今年の韓国経済は半導体復調かと思いきや、このありさまでは昨年よりも自国経済は下落する可能性ができてきた。

関連記事

[ 2020年02月02日 12:05 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp