韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国貿易輸出、1月は前年比6.1%減 14カ月連続のマイナス

韓国貿易輸出、1月は前年比6.1%減 14カ月連続のマイナス

韓国産業通商資源省が1日発表した1月の貿易統計によると、輸出は前年同月比6.1%減で、14カ月連続で減少した。5.2%減だった昨年12月よりも落ち込んだが、ロイターがまとめた予想中央値(7.8%減)ほどには減少しなかった。

半導体需要は上向いたものの、新型コロナウイルスの感染拡大でセンチメントが悪化したほか、今年1月は前年同月よりも営業日が少なかったことなどが響いた。一方、1営業日当たりの輸出は前年同月比4.8%増と、14カ月ぶりに増加に転じた。旧正月休暇のタイミングの影響で、今年1月の営業日は21.5日と、前年同月より2.5日少ない。

韓国の輸出全体の5分の1を占める主力の半導体は前年同月比3.4%減。この14カ月で最も小幅な減少だった。

産業通商資源省は1月の数字について、ウイルスの影響はほとんど表れていないとしつつも、ウイルスの脅威が長引けば、2月以降の輸出に影響が出る可能性があるとの見方を示した。

スポンサードリンク
ハナ・フィナンシャル・インベストメントのエコノミストは「輸出価格や半導体販売の向上を背景に、輸出に回復の勢いがみられる。しかし、ウイルスの感染拡大の程度や流行の継続期間にもよるが、中国への輸出には今後、ネガティブな影響が及ぶと思われる」などと語った。中国への輸出は1月、前年同月比10.5%減少した。昨年12月は、14カ月ぶりの増加となっていた。 1月の韓国の輸入は前年同月比5.3%減。貿易収支は6億2000万ドルの黒字と、7年ぶりの小幅な黒字となった。昨年12月は20億2000万ドルの黒字だった。
https://www.newsweekjapan.jp/stories/business/2020/02/16114.php

2020-02-03-k001.jpg

韓国の輸出額の推移をみると圧倒的に中国となる。ただし中国経済低迷により、頭打ちとなり、米国は韓米FTAを結んで以後伸びは殆どない。日韓貿易は、ばらつきはあるが、日本の貿易収支はほぼばらつき範囲内を維持。日韓貿易で減少と言うが、最近のデーターをみるとそうれ程ではない。いずれにしても韓国の輸出は減少し続けており、技術限界点でピークを過ぎた上に半導体減少になり、そろそろ半導体の市場在庫も整理がつくかと思われたが、中国のコロナウイルスで、韓国内でも広がり、今年は悪化緩和とはなりそうもない。

関連記事

[ 2020年02月03日 08:35 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp