韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  サムスン電子、研究開発投資額…148億ユーロで世界2位

サムスン電子、研究開発投資額…148億ユーロで世界2位

サムスン電子が研究開発に世界の企業で2番目に多く投資する企業であることがわかった。

欧州委員会がこのほど発表した「2019産業研究開発投資スコアボード」によると、2018年度基準でサムスン電子の研究開発投資規模は総額148億3100万ユーロ(約1兆7821億4000万円)で世界2位を記録した。

サムスン電子は前年より投資規模を9.8%増やしたが1年で1位から2位に落ちた。

今年の研究開発投資規模1位の企業は昨年2位を記録した米グーグルの親会社アルファベットの182億7000万ユーロだった。3位は147億3890万ユーロを投資した米マイクロソフトだった。以下独フォルクスワーゲンが136億4000万ユーロ、中国ファーウェイが127億3960万ユーロ、米アップルが124億3320万ユーロ、米インテルが118億2790万ユーロなどと続いた。

スポンサードリンク
韓国企業ではLGエレクトロニクスが26億4600万ユーロで57位、SKハイニックスが22億6300万ユーロで63位、現代自動車が20億3580万ユーロで69位と3社が上位100位に名前を上げた。
https://japanese.joins.com/JArticle/262103

2020-02-03-k003.jpg

低迷するほどに投資は重要となる。とは言えサムスンは半導体事業が主流となり、微細化技術は単に型番と言われる中で、微細化はメモリ産業では3Dの積み重ね技術でしかない。次第に性能が上昇する反面、問題は発熱とバッテリーに尽きる。例えばアップルのIPAD Pro11インチの最新版では、高負荷な3Dゲームは、発熱抑制で液晶画面輝度を下げる機能が働き、実に不愉快な状態となる。

3Dゲームの画質や容量が増加する中で、液晶画面の発熱のほうが莫大で、タブレット規模の大きさとなると、その熱量は凄い。今までスマホ性能と言う面でほとんど報じないのだが、画面輝度を含めた明るさや見やすさを最適にしてのバッテリー持ち常態と言うとそうではない。大半の人は明るさを下げてバッテリー持ちを意識しているだろう。従って多少バッテリー容量が増加したところで大した問題ではないし、まして画質性能は常に最適な状態で使用しているわけではないという事。実はこの問題は大きい。

タブレットでいえば高負荷な3Dゲームなどは2~3時間で50%に落ちる。毎日充電は不可欠となる。性能も上がれば使用するアプリケーション側のレベルの上がり、互いに追いかけっこ状態となるわけで、PC時代の時と同じである。特に最近のCPUとGPU性能上昇に加えて、メモリも多く、様々な処理もマルチタスクで出来る様になった。発熱でいえば特に3Dゲームの発熱はものすごい。PC版や他のゲーム機からの移植も多く、ますます画質と充電時間は重要となる。

スマホなどの冷却方法には限界もあり、新たな冷却方法を開発した企業が先導する事になる。
[ 2020年02月03日 09:34 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp


スポンサードリンク