韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国LCC 中国路線運休で日本回帰へ=新型肺炎拡大

韓国LCC 中国路線運休で日本回帰へ=新型肺炎拡大

中国・湖北省武漢市で発生した新型肺炎の拡大を受けて韓国の航空各社が中国路線の運休に動いているなか、代替路線として日本線が再び注目されている。

格安航空会社(LCC)のエアプサンは2日、韓国と張家界、海口、三亜などを結ぶ中国5路線の運航を一時停止すると発表した。運休となった中国線の機材を日本や東南アジア、韓国南部・済州島などに振り分けることを検討しているようだ。3月1日まで運航予定だった釜山―札幌線の運航を3月末まで延長するなど、代替路線の確保に動いている。同社関係者は中国路線の運休について、「新型肺炎拡大への懸念に加え、中国当局が張家界や三亜などの観光地を閉鎖したため」と説明。収益性と市場性から代替路線として日本線が浮上しているという。搭乗率が高く、運航距離が短い日本線はLCCにとって「ドル箱路線」だ。

昨年後半から日本政府による対韓輸出規制強化に反発して韓国で日本製品の不買運動や日本旅行を自粛する動きが広まり、日本路線の利用客が急減した。LCC各社は日本線を運休、減便し、機材を中国線に振り分けたが、わずか半年ほどで再び日本に回帰することになる。
  スポンサードリンク
韓国と中国を結ぶ全6路線を運休したLCCのチェジュ航空も代替路線として日本線や東南アジア線を検討している。 このところ日本製品の不買運動も下火になっていることから日本線は回復傾向にある。昨年12月の韓国航空各社の日本線運航便数は約6600便で、前月より16%増えた。冬休みシーズンに合わせて大阪や札幌、福岡など日本の各都市では韓国人観光客が目に見えて増えている。 航空各社は日本線の供給増による利用客の早期回復を期待している。
http://www.chosunonline.com/

2020-01-30-k002.jpg

記事では、運休となった中国線の機材を日本や東南アジア、韓国南部・済州島などに振り分けることを検討しているようだというが、日本政府は厳重に注意が必要だ。必ず韓国人は日本へ新型ウイルスをばらまくと考えるべき。違法滞在一位は韓国人。挙句に失業による訪日での職探しがまた加速する年となるわけで、無理してでも訪日するだろう。

一昨年は借金してまでも訪日したという報告もある。低迷するほどに日本企業を求めるわけで、韓国内では日本企業を求める傾向が減少していると報じたばかりだが、コロナウイルスの広がりはまた様相を変える様だ。爆弾を背負った連中が日本に来るのと同じであるから、日本政府は先に手を打つことである。
[ 2020年02月03日 09:57 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp