韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  人民銀が公開市場操作でリバースレポ 1.2兆元投入へ

人民銀が公開市場操作でリバースレポ 1.2兆元投入へ

新型コロナウィルスの感染による肺炎への対策という特別な時期における銀行システムの流動性の合理的なゆとりと金融市場の安定した運営を維持するため、中国人民銀行(中央銀行)は3日、公開市場操作で1兆2千億元(1元は約15.6円)規模のリバースレポを実施し、市場に資金を投入して、流動性の十分な供給を確保する。これによって銀行システム全体の流動性は前年同期より約9千億元多くなった。人民日報が伝えた。

中国民生銀行の温彬首席研究員の分析によると、「人民銀は1兆2千億元規模の公開市場におけるリバースレポの操作を行って資金を投入し、これは当日に公開市場で満期を迎えたリバースレポの1兆500億元より約1500億元多い。同措置は春節(旧正月、今年は1月25日)連休後の市場で流動性の十分な供給を維持する上でプラスになり、金融機関が流動性をしっかり管理して、市場のパニック心理を回避し、金融市場の金利の安定した運営を維持し、市場の期待を安定させる上でプラスになる」という。

また温氏は、「従来、春節連休後には、連休前に投入した現金が銀行システムに大量に還流し、さらに銀行システムでは季節的な流動性の需要が低下するので、人民銀は公開市場操作でリバースレポを一時停止するのが一般的であり、またリバースレポが満期を迎えて流動性は自然に回帰していた。

スポンサードリンク
人民銀がこのたび春節後の市場再開の1日目にリバースレポを実施して流動性を投入し、満期を迎えるリバースレポの資金をリスクヘッジするとともに、例年よりも一層ゆとりのある水準を保ったことは、人民銀の流動性を十分に供給しようとする決意と操作における柔軟性を体現するものであり、金融機関による新型コロナウィルス肺炎対策への支援、実体経済へのサービス提供、金融市場の安定維持のための安心材料を提供することになる。これは、金融機関の期待を安定させ、金融市場の信頼感を高める上でプラスになることだといえる」との見方を示した。
https://www.recordchina.co.jp/b778385-s10-c20-d0035.html

リバースレポとは有価証券貸借取引のひとつであり、借手側が債券を担保として差し出して貸手側より資金を借り入れる貸借取引をいう。 リバースレポはレポ取引とは逆の取引のことで、手持ちの債券を資金化したいときに行われる取引で、貸借契約のため一定期間の期間後に担保債券の返却、資金の返却を行う。

中国政府は新型コロナウイルスによる肺炎の拡大を受け、市場への資金供給を拡大する。肺炎の影響で資金繰りが悪化した企業と個人、関連の医療物資や生活物資を生産する企業などへの支援を強化する構えだ。人民銀、財政省、中国銀行保険監督管理委員会、中国証券監督管理委員会、国家外貨管理局が1月31日付で出した通達は、人民銀が公開市場操作や短期流動性ファシリティー、金融機関向けの融資・割引など多様な政策ツールを動員して金融市場に十分な流動性を確保すると説明しており、特に新型肺炎の流行が深刻な地域や医療分野への支援に力を入れる方針を明確にした。

肺炎の流行で営業に支障を来している卸・小売り、宿泊・飲食、物流・運輸、文化・観光などの業界に対し、金融機関が理不尽な融資の引き揚げを行うことを禁止するとともに、返済が難しくなった企業には融資期限の延長を容認する。金利の引き下げや与信枠の拡大を通じて企業が運転資金を確保できるよう計らうことや、製造業、小規模零細企業、民営企業への貸出を強化していくことも盛り込んだ。マスク、防護服、薬品などの医療物資や重要生活物資の生産、輸送、販売に携わる企業については、政府が企業名のリストを作成し、低金利融資や利子補給といった金融優遇の対象とする。

入院または隔離対象となった個人、医療関係者、肺炎の影響で一時的に収入源を失った人たちには、住宅ローンやクレジットカードの返済条件を緩和するなどの特別対応も取るという。

関連記事

[ 2020年02月03日 14:47 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp