韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  マスク大乱…「息つくひまもなく」稼働する東レとヒュービスの不織布工場

マスク大乱…「息つくひまもなく」稼働する東レとヒュービスの不織布工場

ヒュービスや東レ尖端素材など韓国の化学繊維企業がマスク素材(不織布)の生産量拡大に乗り出している。新型コロナウイルスによる肺炎患者が増え、韓国国内需要だけでなく中国のマスク輸入が急増しているためだ。

2日の業界によると、ヒュービスはマスク用ポリエステル(PET)短繊維生産を来月まで20%増産することにした。ヒュービスはPET生産で韓国1位の企業だ。PETはヒュービスの全体売り上げ(昨年1~9月基準6565億ウォン)の95%を占める。会社はPETのうち一部をマスク用として生産している。ヒュービスのPET工場稼動率は昨年平均77%だったが今年に入ってからはマスク用素材ラインを完全稼動中だ。ヒュービス関係者は「先月すでに3月生産分まで供給契約を終えた」と話した。

また別の不織布素材であるポリプロピレン(PP)スパンボンドの主力メーカーである東レ尖端素材も状況が似ている。東レ尖端素材は2017年から1150億ウォンを投資して2018年に慶尚北道亀尾(キョンサンブクド・クミ)にPPスパンボンド生産設備を拡充した。同社のPPスパンボンド生産能力は年1万8000トンから6万4000トンに増えた。マスク素材でPPスパンボンドが最も多く使われており、1位の東レ尖端素材の売り上げが大きく増えるものと業界は予想している。

スポンサードリンク
マスク素材企業が増産に乗り出したのは中国のマスク輸入が大きく増えているためだ。中国政府は現地でマスクが品切れになると衛生許可がなくてもマスク輸入を許容した。
https://japanese.joins.com/JArticle/262125

2020-02-03-k007.jpg

ヒューヴィス(HUVIS CORPORATION)はポリエステル繊維の製造に従事する韓国会社。2000年SKケミカルとサムヤン社は、両社の最先端技術力とノウハウ、世界最高の生産能力を組み合わせて、国内最大の繊維企業ヒュビスを設立した。国内化学繊維の生産量1位、差別化製品の生産量1位のヒュビスは前週と中国に生産工場と大田にR&Dセンターを運営しており、年間100万トンの繊維素材を生産している。ヒュビスは国内市場シェア1位のポリエステル繊維(単繊維/長繊維)とレジン、超繊維、産業資材用素材を生産する。社員数は、約1000人の企業だ。

関連記事

[ 2020年02月03日 15:08 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp