韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  部品が底をついた現代自動車、韓国国内7工場全てストップ

部品が底をついた現代自動車、韓国国内7工場全てストップ

新型コロナウイルスによる肺炎の発生で、これまで中国から調達してきた部品の在庫が枯渇し、現代自動車が韓国国内の工場7カ所の稼働を全面的に中断する。乗用車20モデル、トラック・バスなど韓国国内で生産してきた全てのモデルの生産ができなくなる。労組によるストライキ以外の外部要因で同社の工場が全てストップするのは1997年の通貨危機当時、破綻危機に追い込まれた万道機械からの部品供給がストップしたケース以来となる。

現代自は4日、蔚山第4工場のポーター、蔚山第5工場のジェネシスの生産ラインが同日で稼働を中断し、5日には蔚山第1工場、6日には全州トラック工場が順次稼働を取りやめると発表した。稼働中断は10-11日までの予定だが、中国の部品工場の稼働中断が9日以降も続けば、生産再開は遅れる見通しだ。そうなれば、起亜自動車など他の完成車メーカーでも生産が中断され、さらに現代・起亜自に納品している韓国国内の部品工場数千社の操業もストップする連鎖的な稼働中断につながりかねない。

現代自の稼働中断を引き起こした「ワイヤリングハーネス」は自動車のさまざまな電子装置をつなぐ配線の束であり、車体に血管のように内蔵されるものだ。かさが大きい上、車種別に生産する必要があり、自動車メーカー各社は在庫を1-2週間分に抑えている。現代自にワイヤリングハーネスを納品しているのはユラ、キョンシンなど韓国企業だが、単価を抑えるために人件費が安い中国で全体の75%を生産している。

スポンサードリンク
現代自はワイヤリングハーネスの大半の供給をこれら中国工場から受けている。今回中国の部品工場の稼働中断が12日目を迎え、生産ライン全体がストップするというこれまでにない事態に発展した。現代自だけではない。双竜自動車もワイヤリングハーネスの不足で12日から平沢工場の稼働を中断する。起亜自は今週分まではワイヤリングハーネスの在庫が確保できているが、来週には底をつく状況だ。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/02/05/2020020580004.html

2020-02-05-k005.jpg

今月7日から現代車の全工場が一時停止に入る。現代自動車労使は4日、工場運営委員会を開き、7日から蔚山・全州・牙山など韓国内のすべての工場で生産を中断して休業する。暫定休業期間は10~11日までとしている。現代車は「部品調達が滞り、完成車生産ライン別に弾力的に休業を実施することにした」とし「工場別の休業日程などは事業部別に協議を進めることにした」と説明している。

最初に稼働が中断したジェネシスの休業日程は11日までに決まったが、現代車関係者は「中国のワイヤリングハーネス工場が中国政府が稼働中断を指示した9日以降に再稼働するという前提の下に再稼働する時点」としている。従ってもし9日以後、中国部品工場が稼動しなければ工場停止はさらに長くなる。

関連記事

[ 2020年02月05日 10:01 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp