韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  救護品、韓国のほうが多く送ったのに…中国、日本だけに「感動」と言った理由

救護品、韓国のほうが多く送ったのに…中国、日本だけに「感動」と言った理由

「私は非常に感動した。感染症は一時的なものだが、友情は末永いものだ」 4日午後3時(現地時間)、中国外交部の華春瑩報道官は定例記者会見で新型コロナウイルス感染症(以下、新型コロナ)に対する質疑応答中、「支持と理解に感謝し、心に刻みたい」と話した。華報道官が公開的に謝意を表した国は日本だった。香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポスト(SCMP)の表現を借りれば「長年の宿敵に対する珍しい発言」だった。

これは「たくさんの日本人が駐日中国大使館SNSに残した応援コメントをどう思うか」という質問に対する答えだった。華報道官は前もって準備でもしていたかのように「日本はごく初期に我々を助けるために何でもすると明らかにした」とし、マスクや保護服など日本が送った救護品を一つひとつ挙げた。そのわずか6時間前、シン海明・駐韓中国大使が韓国の湖北省発旅行客入国制限措置に対して「評価しない」と述べたこととは比較される。日本も韓国と同じ水準の入国制限をしているためだ。

華報道官は5日の定例記者会見では防疫物品を支援した21カ国を列挙して韓国にも謝意を表した。だが、前日の日本だけに対する「特別な感謝」とは表現の程度が違った。成均館(ソンギュングァン)大学成均中国研究所の5日の報告書によると、韓国企業約20社が中国に送った寄付と救援物資は約8926万人民元(約14億579万円)相当だ。日本の後援額(4652万人民元)より多い。

スポンサードリンク
これに関連して、韓中関係の限界が再び表面化したという指摘だ。韓国外大国際地域大学院のカン・ジュンヨン教授は「中国の立場では、文在寅(ムン・ジェイン)政府が中国と近づくといいながらも、一帯一路構想など韓国と戦略的協力が必要な側面では実際に進展がないという不満と失望感がある。これについて韓国に対しては圧迫戦術が有効だと考えたのだろう」と分析した。
https://japanese.joins.com/JArticle/262247

2020-02-06-k006.jpg

中国側は日本国民の心温まる行動に注目しており、日本を含む各国の人々の中国への同情、理解、支持に感謝し、それを心に刻んでいると強調した。さらに多くの日本のネットユーザーが今回、在日中国大使館のソーシャルメディアアカウントのコメント欄に集まり、武漢を応援し、中国を元気づけた。新型コロナウイルスの感染による肺炎の発生以来、日本政府や社会各界は中国に多くの同情、理解、支持を与えてきた。

感染症が発生するとすぐに、日本政府は中国の感染症対策に全力で協力すると表明した。日本政府と多くの地方や企業がマスクやゴーグル、防護服などの防疫物資を自主的に中国側に寄贈している。武漢に寄贈された一部の物資の箱には「山川異域 風月同天」「豈曰無衣 與子同裳」と書かれていた。日本のドラッグストアには「中国がんばれ」「武漢がんばれ」というメッセージが張られた。東京スカイツリーは赤と青のライトアップで武漢市の感染終息に祈りと応援を送った。一部の国で見られる極端な差別的発言について、厚生労働省の関係者は会見で「悪いのはウイルスであって人間ではない」と呼びかけた。

中国から嫌われている韓国と友好を築こうとしている日本の対応を比較すれば、日本政府も日本国民も韓国とは比較にならないという事だろう。

関連記事

[ 2020年02月06日 11:51 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp