韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓日「造船業紛争」に日本が総力戦…首相官邸「100%勝てるように」

韓日「造船業紛争」に日本が総力戦…首相官邸「100%勝てるように」

日本政府が韓国との造船業紛争に総力をあげている。6日、読売新聞によると、世界貿易機関(WTO)に韓国政府を提訴した国土交通省を中心に関連部署が一致協力して「100%勝てるように」と死活をかけている。国際舞台での韓日間のプライドをかけた戦いに加えて、日本造船産業の深刻な危機が反映されているという分析がある。

先月31日、日本は韓国政府の造船産業構造調整関連の措置全般に問題があるとしWTOに提訴した。提訴はこれが初めてではない。すでに日本は2018年11月、韓国政府が造船産業の回復を口実に造船会社に1兆2000億円の補助金を支援したことが市場の公正な競争をゆがめているとしてWTOに提訴した。その後、日本の要請で韓日両国は2国間協議を始めたが、互いの主張は平行線をたどって結局物別れに終わっていた。ところが日本は直ちにWTOにパネル設置を要請しなかった。

同じころ、韓国大法院の強制徴用判決問題をめぐり、韓日関係が急激に悪化した影響が大きかった。日本政府関係者は読売の取材に対して「慎重に進めるよう、政府内の風向きが変わった」と当時の雰囲気を伝えた。ところが昨年4月、福島など近隣8県の水産物禁輸措置をめぐる両国の紛争で最終審であるWTO上級委員会が1審を覆して韓国勝訴の判断を下したことで状況が急変した。敗訴直後、首相官邸からは「造船では100%勝てるように」というメッセージが出てきたという。

スポンサードリンク
造船業を管轄する国土交通省が専門チームを構成して舵取りを行った。だが、国土交通省はWTO提訴の経験がないため経験豊富な外務省と経済産業省が両脇を固める側面支援を受けたと読売は伝えた。ここに国際貿易事情に明るい専門弁護士も加わったという。日本造船産業の危機が今回の紛争の本質的な背景ではないかとの指摘もある。1980年代、世界造船市場の50%を掌握していた日本は2000年代以降、韓国と中国におされて苦戦を強いられている。
https://japanese.joins.com/JArticle/262279

韓国政府は、低迷する韓国造船企業の失業率上昇を防ぐために、雇用確保として公的資金を投入した。結果船舶価格を下げて受注し、赤字覚悟の韓国造船業となった。ところが途中で運よくウォン安となり、赤字は緩和した可能性がある。いずれにしても企業の成長を促す政策はすべて税金投入で対応する韓国政府である。いずれ税金では対応つかずに国の崩壊が迫ってくる。

とはいえ日本の造船業は、特に中堅企業は自国造船受注でしのいできたが、韓国企業に船舶価格を下げられたおかげで、日本の連携した造船業でも利益が出ないわけで、世界造船業において、船舶価格を下げさせて受注する卑劣なやり方は、経済政策ではない。韓国政府の経済政策と言うのは税金だけが頼りとなる。だが国家予算の半分近くが海外投資家からの借金という事のほうが恐ろしい。いつまでも税金頼みと言うのでは、政府負債だけが増加するだけである。 大手企業が低迷すれば企業は税金をあてにし、消費低迷となれば自国民も税金をあてにする。

気が付けば大増税となり、他人の助けに自分たちの税金を使う事への懸念が無いのが不思議だが、いずれ気が付くだろう。これだけ大増税となり、自分たちの税金が平等に使われていない事に気が付かない。政府は反日政策で自国民をだまし、いずれ文大統領の思惑に気が付く時が来るだろう。しかし気が付いた時には、国家破綻が先のような気がするが。
[ 2020年02月06日 15:20 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp


スポンサードリンク