韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  排出ガス試験成績操作…VW韓国法人に罰金260億ウォン命じる

排出ガス試験成績操作…VW韓国法人に罰金260億ウォン命じる

排出ガス試験結果を操作して起訴された世界最大の自動車メーカー、フォルクスワーゲンの韓国法人に対し、裁判所が罰金260億ウォン(約24億円)を言い渡した。起訴されてから3年を経ての判決だ。 ソウル中央地裁刑事第31部(キム・ヨンハク裁判長)は6日、アウディ・フォルクスワーゲン・コリア(AVK)法人に罰金260億ウォンを言い渡した。共に起訴されたパク・ドンフン前AVK社長には懲役2年、認証関連部署の責任者には懲役1年の実刑を宣告した。法廷拘束はされなかった。

AVKは2008年から2015年まで排出ガス基準に達していないフォルクスワーゲンやアウディのディーゼル車12万台をドイツから輸入したとして起訴されていた。AVKはこれらの車の排出ガス認証を前に、有害物質を本来よりも少なく排出するよう操作されたソフトウェアを使って認証試験を通過させていたことが分かった。AVKは149件の排出ガス試験の書類について操作し、カタログに「環境にやさしい」性能をうたい、誇張したともされた。

同地裁は「(AVKは)大韓民国の法令を順守する意志がなく、利益の最大化にばかり集中した」と述べた。起訴後、ドイツに渡って出廷していないJohannes Thammer、Trevor Hill両AVK総括社長についても犯行加担事実を認め、「これら2人の欠席で裁判が遅れている」と述べた。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/02/07/2020020780002.html

スポンサードリンク
今回の発表は、フォルクスワーゲングループ車が韓国での認定を受ける際、データを偽造し、不法に認証を受けたことへの対応。韓国環境省は、排出ガス試験関連の不正24車種、騒音関連の不正9種(うち1車種は両方に不正)の合計32車種8万3000台について、認証を取り消し、販売を停止させた。このうち、今回の課徴金の対象となるのは、排出ガス試験関連の不正が認められた24車種5万7000台。全体の車両価格に3%の割合で、178億ウォンの課徴金の額が決定している。

2020-02-07-k002.jpg

韓国環境省は2015年11月にも、フォルクスワーゲングループが排出ガス低減装置の操作を行ったとして、12万6000台の認証を取り消し。同社に対して、課徴金の支払いを求めている。 一方、フォルクスワーゲングループは2月22日、2018年通期(1~12月)の決算は、アウディやセアト、シュコダなどを含めたグループ全体の総売上高は、2358億4900万ユーロ(約29兆6130億円)。前年の2295億5000万ユーロに対して、2.7%増加した。

2018年通期の純利益は、118億2700万ユーロ(約1兆4850億円)。前年の111億7900万ユーロに対して、5.8%増と増益を維持した。2019年第3四半期(7~9月)の決算は、アウディやポルシェ、セアト、シュコダなどを含めたグループ全体の総売上高は、614億2000万ユーロ(約7兆4530億円)。前年同期の552億ユーロに対して、11.3%の増加となった。また、第3四半期の営業利益は、45億4100万ユーロ(約5510億円)。前年同期の27億1100万ユーロに対して、67.5%増と大幅な増益となっている。

排ガス規制で問題を起こしつつも利益増のフォルクスワーゲングループである。韓国司法の対応にまた時間稼ぎするのではないか。

関連記事

[ 2020年02月07日 09:01 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp