韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  シャットダウン危機の現代自動車、中国にSOS「一部工場だけでも早期稼動」

シャットダウン危機の現代自動車、中国にSOS「一部工場だけでも早期稼動」

現代自動車グループは6日、中国・青島総領事館を通じてワイヤーハーネスの生産拠点である山東省政府に工場を早期に稼動できるようにしてほしいという協力要請公文書を1日に送ったと明らかにした。現代自動車グループ関係者は「韓国の自動車生産支障時に両国経済に及ぼす影響が大きい点を考慮し一部工場だけでも厳格な防疫管理の下で生産ができるよう承認してほしいという内容」と話した。

ワイヤーハーネス供給支障で現代自動車は4日から工場別にシャットダウン(一時停止)に入り、3日から減産に入った起亜自動車も来週初めから休業に入るものとみられる。山東省に集まっている現代・起亜自動車のワイヤーハーネス納品業者の工場は春節連休に続く新型コロナウイルスによる肺炎の発生で9日まで稼動が中止された状態だ。しかし中国当局の後続措置により10日以降も工場稼動は厳しい可能性がある。

現代自動車グループは、現地法人の現代自動車グループ中国(HMGC)の役員も山東省政府関係者と直接連絡し生産再開案を協議中だと明らかにした。京信、ユラコーポレーション、THNなどワイヤーハーネス部品メーカーも現地従業員の安全のため徹底した防疫管理に乗り出す一方、中国市政府に直接工場稼動再開を要請中だ。

スポンサードリンク
産業通商資源部と外交部も中国政府と協議に乗り出した。現代自動車によると、中国青島総領事館などは最近山東省政府関係者と会い、工場の早期稼動の必要性を説明し、稼動に必要な措置などを話し合ったほか、山東省内のワイヤーハーネス工場が位置する市政府と工場再開に向けた協議を進めている。
https://news.livedoor.com/article/detail/17779747/

2020-02-05-k002.jpg

今の中国は韓国政府の要請などどこ吹く風となる。中国はそれどころでは無い。自国のコロナウイルス対応に必至な状態だ。中国のために韓国は何ができるのかが問われている状態で、そんな要請を実施している様では心もとない。自己都合国としか言いようがない。一方日本はコロナウイルス対応に後れを取り豪華客船は連日にニュースとなっている。感染拡大に細心の配慮と注意を実施してほしいものである。ただ日本は韓国からの訪日制限は甘いわけで、韓国の感染者が訪日すれば日本で拡大することは間違いない。

豪華客船への対応もさることながら、東京オリンピックの年であるから、ウイルス対応には世界との協力とともに、自国対応は厳しく対応するべきである。発熱検査ではわからない状態で発症するケースもある厄介な新型ウイルスであるから、拡散してからでは遅い。

関連記事

[ 2020年02月07日 09:27 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp