韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国、豪州と通貨スワップ3年延長…規模20%拡大

韓国、豪州と通貨スワップ3年延長…規模20%拡大

韓国と豪州が通貨スワップを延長し、規模も20%拡大した。韓国銀行(韓銀)は6日、豪州中央銀行(RBA)と韓国ウォンー豪ドル通貨スワップ契約を20%(豪ドル基準)拡大し、3年延長したと明らかにした。

両国間の通貨スワップは7日に終了する予定だったが、今回の契約で2023年2月5日まで延長された。スワップの規模も100億豪ドルから120億豪ドルに増えた。これを受け、2月現在、韓銀が締結した通貨スワップ契約規模は計1332億ドルに拡大した。

韓銀は「今回の通貨スワップ契約延長および規模拡大で韓国の金融安全網が強化され、豪州との貿易活性化が期待される」と伝えた。
https://japanese.joins.com/JArticle/262309

スポンサードリンク
韓国経済は、過去に危機的状況になったことが数回ある。そのたびに日本の信用をバックに、韓国に資金を融通して日本が全面的に韓国経済を助けるのが、日韓通貨スワップだった。実際に資金を融通するには至らなくても、日本がバックについているということで、欧米諸国も韓国を見捨てずに済んだことが過去にあったのも事実。

2020-02-07-k003.jpg

また韓国はオーストラリアとも通貨スワップ協定を結んでいる。オーストラリアも、経常赤字国なので、世界危機にはもろくて、実際に過去の危機の際には、豪ドルは急落した。なので、韓国は、現在、マレーシアやインドネシアなどと通貨スワップ協定を結んではいるが、オーストラリアとの通貨スワップ協定も、ないよりは、あったほうがいい程度だろうか。

まして韓国の外貨準備高からすれば、たかだか120億豪ドルのスワップなど、全体から占める比率と比べて微々たるものとなる。もっとも韓国の外貨準備高が流動性の高いものであればの話だが。という事とで結ばないよりは多少マシでしかなく、通貨危機になれば不足するのは目に見えている。日本は韓国を助けたところで文句ばかり言われるだけで、何のメリットも無い。

中央日報がスワップの短い記事を掲載するのも、韓国通貨危機を懸念?しているからだろうか。いずれにしても上図からの周期を考慮すれば、危険年に変わりはない。国家破綻にならないように注意する事である。

関連記事

[ 2020年02月07日 11:54 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp