韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  対中国輸出・輸入がオールストップ…韓国中小企業「資金回らない」悲鳴

対中国輸出・輸入がオールストップ…韓国中小企業「資金回らない」悲鳴

中国武漢で発生した新型コロナウイルス感染症の影響で資金力が弱い韓国中小企業が大きな打撃を受けている。業界によると、中国上海の一部の工場は現地当局から事実上の稼働中断通知を受けた。当初、工場はマスク着用と体温測定を条件で10日から作業を再開する予定だった。しかし6日朝に「(工場稼働を)保留すべき」という指針を受けたのだ。中小企業は中国への製品輸出と中国からの部品輸入がふさがった状況で不安感が強まっている。

半導体関連装備を中国に輸出するA社は自社のエンジニアを武漢の中国企業に派遣して装備の運営を支援している間、新型肺炎が広まった。同社の職員2人は最近、大韓航空のチャーター機で帰国した後、忠清南道牙山(アサン)と忠清北道鎮川(ジンチョン)の臨時施設で隔離生活中だ。

同社の代表は「中国半導体業界は今年1-3月期から大々的な投資をする予定だった。我々も4月まで毎月装備を送ることになっていたが、それがすべてストップした」と伝えた。また「中国の顧客は購買日程が少なくとも3カ月延期し、5月以降に船積み要請が可能だという」とし「装備をすべて製造しておいて現金の余裕がないが、代金の回収を心配しなければならない状況」と話した。

スポンサードリンク
この代表は「大半の半導体装備会社は昨年、業況が良くなかったため赤字となったが、銀行は装備や注文書を担保にしてくれない」とし「政府が政策資金で支援するなど短期流動性危機を乗り越える対策が必要だ」と訴えた。
https://japanese.joins.com/JArticle/262308

2020-02-07-k005.jpg

ムーディーズは新型肺炎が中国と周辺国の消費心理を冷え込ませ、生産とサプライチェーンに混乱をもたらすとした。韓国主要産業のうち半導体・電子、流通、自動車、石油精製、鉄鋼、化学の6業種が最も大きな打撃を受けるとの分析を報じた。ムーディーズによると、半導体・電子、自動車業種の韓国企業は中国政府の春節(旧正月)連休延長と生産職勤労者の撤収が負担として作用するとした。

現代・起亜自動車は中国からの部品調達に支障が生じると、国内の大半の生産工場で稼働を中断した。新型肺炎の余波による部品調達環境の悪化で、現代・起亜車の1-3月期の業績は当然悪化する。石油精製・化学・鉄鋼企業は最大の販売先である中国の経済活動鈍化が負担として作用し、すでに石油・化学・鉄鋼製品のスプレッド(原材料との価格差)が落ちたおり、中国の需要不振までが重なった状態だ。

中国依存度で形成された韓国経済にとっては、死活問題となる。SKイノベーションと同社の子会社のSK総合化学を「Baa1」から「Baa2」に格下げしたが、問題は現状の解決方法となる。日本では豪華客船での発症者が増えるなど、何とも厄介になりつつある。世界の市場と言う大国からの発症という事で、世界中を巻き込んだ新型コロナウイルス。低迷する韓国経済がしぶとく税金投入で維持してきた文政権も、とどめ打ちとなるほどに手の打ちようが無い。
[ 2020年02月07日 15:39 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp