韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  「中国オールイン」の現代自動車は稼働中断、多角化のトヨタは正常稼働

「中国オールイン」の現代自動車は稼働中断、多角化のトヨタは正常稼働

武漢肺炎のせいで中国製部品供給に支障が生じ、現代自動車と起亜自動車は10日に韓国国内の工場7カ所の稼働を全面中断する。電子装置をつなぐワイヤリングハーネスという部品の供給が途絶え、在庫が尽きたからだ。世界的な供給網を有し、事情がよかったルノー・サムスンも工場の稼働中断を検討している。韓国国内の自動車生産の80%を占める現代・起亜自が工場を閉鎖したら、およそ8000の協力企業も連鎖的に打撃を受け、その被害は並大抵ではない。中国製部品一つのせいで自動車産業全体がマヒするという、未曽有の事態が起きた。

韓国とは対照的に、日本のトヨタ自動車は正常に稼働している。一部の中国製部品の調達に支障が生じはしたが、東南アジアや日本国内の協力企業から代替調達することで、大きな支障もなく工場を動かしている。ほかの日本企業もまた、中国に大挙進出していて被害が予想されているが、韓国ほどではない。東南アジアなどに部品供給元を多角化していたおかげだ。特に、2010年の尖閣諸島領有権問題で中国が貿易報復を加えてくると、中国以外の地域に生産拠点を追加建設する「チャイナ・プラスワン」戦略で対中依存度を大きく下引き下げた。

韓国は、2000年代初めの「ニンニク紛争」や17年のTHAAD(高高度防衛ミサイルシステム)報復などを経験しても、対中依存度を減らすどころか、高め続けてきた。リスクへの備えなき「「中国オールイン」へと突き進み、武漢肺炎問題でたっぷりとその代償を払っている。自動車だけでなく、産業の大部分と経済全体が対中依存度を過度に高めた。

スポンサードリンク
韓国の貿易のうち、4分の1が中国一国を相手に行われている。中国からの輸入額のうち64%は素材・部品で、中国国内で生産に支障が出たら、韓国の工場も手を止めなければならない状況だ。中国の成長率が1ポイント下落したら、韓国の成長率も0.5ポイント落ちる。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/02/08/2020020880027.html

2020-02-08-k005.jpg

トヨタ自動車が新型肺炎の影響で停止している中国4工場について、稼働再開を17日以降に再延期することを決めている。トヨタはこれまで4工場の稼働を9日まで停止し、10日から再開することを検討していた。稼働停止が長引くことになり、業績に影響が出る懸念がある。従業員は10日から出勤するが、個々の事情に応じて在宅勤務など柔軟に対応するという。再開にあたっては中国当局の意向も確認する。

トヨタが中国現地企業と作った合弁会社が持つ完成車工場は、天津市、四川省、広東省、吉林省にある。2019年の生産台数は約140万台で、トヨタ全体の約15%に相当する。トヨタの中国現地企業は17日からの稼働となるが、部品状態を確認し、また感染状態を見てとなるわけで、朝鮮日報記事とは多少違う。現代自はそもそもワイヤリングハーネス部品の供給が早々に途絶えたわけだが、とは言え停止による損失はこれからとなる。

関連記事

[ 2020年02月08日 11:33 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp