韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  新型肺炎で膨らむ韓国経済被害…輸出・内需ともに影響

新型肺炎で膨らむ韓国経済被害…輸出・内需ともに影響

新型コロナウイルス感染症が広がり、経済的な被害が拡大している。中国の景気沈滞で韓国の消費と輸出への影響が避けられない。韓国政府は被害を防ぐための対策を出した。新型コロナ事態が長期化する場合、中国を中心とする世界のサプライチェーンが崩壊し、被害が雪だるま式に増えるという懸念も出ている。

洪楠基(ホン・ナムギ)副首相兼企画財政部長官は7日、政府ソウル庁舎で経済長官会議を開き、「今回の事態で被害が懸念される中小・中堅企業と自営業者に2兆ウォン(約1840億円)規模の政策金融を追加で供給し、直接・間接的な被害が予想される観光業種などに対する支援案も迅速に用意する」と明らかにした。また支障が生じている自動車部品の需給に関し「中国地方政府と現地工場の早期再稼働のための協議を強化する一方、輸入時には24時間緊急通関を支援する」と述べた。雇用労働部は国内の生産拡大のために企業が週52時間以上の特別延長勤務を申請する場合、迅速に許可する方針だ。

しかし財界はこの程度では十分でないという立場だ。新型コロナ事態は2003年の重症急性呼吸器症候群(SARS)や2015年の中東呼吸器症候群(MERS)当時より大きな問題を起こす可能性があるということだ。朴容晩(パク・ヨンマン)大韓商工会議所会長はこの日、ソウル中区の大韓商工会議所で洪副首相と金尚祖(キム・サンジョ)青瓦台(チョンワデ、大統領府)政策室長が開いた懇談会で、「SARSは主に輸出に、MERSは内需に被害が集中した半面、今回は輸出と内需に複合打撃を与えるだろう」とし、政府の先制的かつ強力な対応策を建議した。

スポンサードリンク
問題は事態が長期化する場合だ。韓国は昨年基準で素材・部品輸入の30%に相当する520億ドル分を中国から輸入している。南京・青島・天津などに工場があるLGエレクトロニクスの関係者は「来週、中国南東地域に追加の感染者が急増する場合、中国企業からの部品調達や製品の国内外販売に支障が生じるしかない」と懸念を表した。
https://japanese.joins.com/JArticle/262343

2020-02-09-k001.jpg

中国製部品の在庫が底をついた双竜自動車は4日から工場の稼働を停止している。現代自動車と子会社の起亜自動車も特別勤務の中止などによる生産調整に続き、近く生産ラインの縮小可否を決めるという。また自動車業界によると、国内での自動車組み立て工程に使われる組み電線、ワイヤーハーネスの在庫が底をついた。車両によって配線の構造が異なるため互換性がないだけでなく、種類も多く管理が難しいことから、国内の工場では通常1週間程度の在庫しかない。

現代・起亜自動車も一部車種で既にワイヤーハーネスの在庫不足が発生しており、今週中に相当数の車種が在庫不足に直面し、全体的に生産ラインの停止した。業界ではワイヤーハーネスだけでなく、他の部品についても中国の連休延長による供給の遅れも懸念している。
[ 2020年02月09日 08:40 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp