韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  「武漢肺炎」対「米国インフルエンザ」

「武漢肺炎」対「米国インフルエンザ」

2003年にSARS(重症急性呼吸器症候群)騒動が発生した際、ある米国の放送局が「SARSは誤って実験室から流出した中国の生物兵器の可能性がある」という主張を紹介した。「自然界では起こり得ない2つのウイルスの組み合わせ」という分析も付けられていた。すると中国のネットユーザーたちは「SARSが中華圏に深刻な被害をもたらしている一方で、米国と欧州には何ら打撃がない」として、逆に「米国の生物兵器説」を拡散させた。米・中はウイルスをめぐっても戦線を形成する。

武漢肺炎(新型コロナウイルス感染症)によって、米・中が再び顔を赤くして対立している。米国が武漢の総領事館を他国に先駆けて閉鎖するとともに、中国滞在者の入国を禁止すると、中国は「米国の過敏な反応がむしろ混乱をあおっている」と怒りをあらわにした。その上で、米国のインフルエンザ被害を持ち出した。中国外務省のスポークスマンは「米国国内でインフルエンザによって1万人以上が亡くなった一方で、新型コロナウイルス感染症は361人の死者(2日現在)しか出ていない」と述べた。

実際に米国のインフルエンザの状況が深刻なのは確かだ。ここ10年間で最悪だという。2000万人が感染し、死者数も増え続けている。一部の州では休校令が出され、献血を禁止した。米国メディアは「インフルエンザは毎年、全世界で65万人の死者を出している。現段階では、米国ではインフルエンザの方が新型コロナウイルスより大きな脅威だ」と指摘した。単純に死者の数だけ見れば、中国の主張はもっとものようにも思える。

スポンサードリンク
しかし医学的には、この二つは次元の異なる脅威だ。インフルエンザは原因・感染経路が全て把握されている上、予防ワクチンがあるため統制が可能だ。ただし、非常にありふれた疾患のため人々が軽く考え、これが被害を拡大させる。米国のインフルエンザ予防接種の接種率は50-60%程度だ。一方で武漢肺炎は何も解明されておらず、当然ワクチンもない。今後どのくらい拡大するのかも分からない。致死率もインフルエンザの0.05%に対し、武漢肺炎は2-4%とはるかに高い。これが、世界が恐怖に震える理由だ。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/02/07/2020020780141.html

2020-02-09-k003.jpg

SARS-CoVは、コウモリのコロナウイルスがヒトに感染して重症肺炎を引き起こすようになったと考えられている。過去45年間で、少なくともSARSに加えて3つのパンデミックがコウモリに由来している。コウモリは1976年以降、複数回流行して約1万3500人の死亡者を出したエボラ出血熱の感染源であり、28カ国で見つかったMERS(中東呼吸器症候群)や、死亡率70%以上とも言われるニパウイルス感染症の感染源でもある。

コウモリは他の哺乳類に比べて、人獣共通ウイルスを持っている割合が非常に高い。専門家は、コウモリの飛行範囲は広く、いろいろなところから病気を運んでいる可能性があると考えている。これがコウモリを理想的な宿主にしている。2019年3月には、コウモリが中国で流行する新型コロナウイルスの感染源になるかもしれないと予測する研究もあった。「未来のSARSもしくはMERSのようなコロナウイルスの流行は、コウモリが感染源となる可能性が非常に高く、中国で発生する確率が高まっている」と研究者らは書いている。

これは、コロナウイルスの多くが中国で見つかっているためで、この論文の筆者は、こうしたコロナウイルスの宿主であるコウモリの大半が「中国では人間の近くに生息していて、ウイルスを人間や家畜に伝染させる可能性がある」と述べている。

関連記事

[ 2020年02月09日 09:11 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp