韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国、済州道の中国人観光客半減…流通企業の売り上げ10%以上減る

韓国、済州道の中国人観光客半減…流通企業の売り上げ10%以上減る

新型コロナウイルスによる肺炎拡散は韓国経済に直接的・間接的に悪影響を及ぼす。最も簡単に目につく部分は消費萎縮だ。まず観光部門が直撃弾を受けた。韓国政府が4日に中国湖北省を訪問したすべての外国人の入国を制限し、済州(チェジュ)ノービザ入国も一時中断して観光の客足が減った。韓国系航空会社8社の中国路線100路線のうち57路線の運航が中断され24路線が減便した。済州特別自治道によると先月25日から今月4日までで中国人観光客は前年同期より47%減少した。

流通分野も打撃が避けられない。ソウルのロッテ百貨店本店とイーマート孔徳(コンドク)店は新型肺炎患者が訪問した事実が確認され、7日午後2時から閉店した。先週から主要流通会社の売り上げは昨年に比べ10%以上減った。中東呼吸器症候群(MERS)が流行した2015年6月~9月に外国人観光客が前年同期比153万人減少し、3兆4000億ウォンの被害を受けた。2015年6月のサービス業生産指数は免税店がマイナス22.6%、百貨店がマイナス14.1%、衣類小売りがマイナス16.9%、鉄道がマイナス19.6%、遊園地がマイナス40.5%、ホテルがマイナス29.2%など大きな打撃を受けた。

製造業の状況はもっと深刻だ。中国製部品の供給支障が工場稼動中断につながっている。自動車用ケーブルのワイヤーハーネスの在庫が尽き、現代(ヒョンデ)自動車は11日まで、双竜(サンヨン)自動車は12日まで工場稼動を中断した。ルノーサムスンは11日から2~3日間工場を閉める予定だ。

スポンサードリンク
現代モービスとクムホタイヤなども稼動を中断した。現代自動車関係者は「部品国産化率は90%を超えるが数万種類の部品のうち3~4種類だけでも供給に支障が生じれば生産は不可能だ。中国企業が10日から正常操業に入れば2~3日間の生産支障水準にとどまるだろう」と話した。ただ中国内の新型肺炎拡散で部品供給網が崩壊する場合、被害は雪だるま式に増える恐れがある。
https://japanese.joins.com/JArticle/262349

2020-02-10-k002.jpg

韓国経済低迷時に起きた新型ウイルス感染は拡大しつつある。終息まで数カ月単位となるだろう。中国であれだけ拡大すれば、そう単純に終息するとは考えにくい。また韓国では自国拡散で気のゆるみがあるように感じるが、中東呼吸器症候群(MERS)が流行した2015年の再来となれば、被害は拡大する。過去の対応が生きる韓国とは考えにくいが、中国だけの問題と考えるには時期早々だ。次は韓国で広がり、日本での豪華客船を無能対応と掲載する韓国だが、自国のことを考慮しないと、危機感の薄い韓国ではさらに拡大し、更にはそれが日本でまき散らす結果にもなりかねない。日本政府は韓国政府の動きに注意を払う事である。

中央日報は中国企業が10日から正常操業に入ればというが中国とて自国企業優先となる。すでに中国の経済成長率は2%下押しするであろうとの予測が立てられている。がしかし事態はかなり深刻だ。数カ月は続くと考えるべき。
[ 2020年02月10日 09:05 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
最新コメント
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp


スポンサードリンク