韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  済州のホテル・レンタカー、9割キャンセル…「新型肺炎のため韓国人も訪れず」

済州のホテル・レンタカー、9割キャンセル…「新型肺炎のため韓国人も訪れず」

8日午後1時、済州市(チェジュシ)の龍頭岩(ヨンドゥアム)駐車場。バス駐車場はがら空きだった。高高度防衛ミサイル(THAAD)韓国配備に対する反発で中国観光客が減ったうえ、新型コロナウイルス感染症まで広がっているからだ。ここには龍の形をした大きな玄武岩があり、済州旅行者に人気のスポットだ。

しかしこの日はマスクを着用した個別観光客10人しか見えなかった。週末にもかかわらずに近くのみやげ店は閉まっていた。営業中の周辺のみやげ店にも客はいなかった。店を経営するキムさん(50)は「THAAD以降、中国人観光客が減っていたが、新型コロナのため韓国人の姿も見えなくなった。商売を整理すべきか悩んでいる」と話した。新型コロナウイルスのため済州観光業界の心配が深まっている。済州道によると、最近は済州観光業界の売上高が急減したという。

済州道が新型コロナウイルスによる地域経済への影響を把握するため今年1月から2月3日までBCカード会社のデータで観光業界の売上現況を分析した結果、前年同期比7.3%減少した。特に国内で感染者が最初に確認された先月20日から売上減少パターンが階段式に明確に表れた。免税店が最も大きな打撃を受け、大型総合小売業、コンビニエンスストア、ホテル・旅館業、旅行業、みやげ・ギフト小売業も影響を受けたことが分かった。

スポンサードリンク
観光客も減少した。済州道観光協会によると、2月1-6日に済州を訪問した観光客は12万5241人と、前年同期(23万8296人)比47.4%減少した。特に最近は国内の観光客が11万5305人と、前年同期(21万3823人)比46.1%減少した。済州観光業界によると、ホテルと貸切バス、レンタカー予約のキャンセル率が80-90%にのぼる。3月からは修学旅行も増える季節だが、キャンセルが相次いで期待感も弱まっている。
https://japanese.joins.com/JArticle/262402

2020-02-11-k002.jpg

外国人観光客の90%以上が中国人となる韓国では、観光業はとどめ打ちとなる。中央日報は、済州道は新型コロナ事態が6月まで続けば最大350万人の観光客が減少すると見込んでいる。これによる被害金額は1兆5000億ウォンにのぼると予想している。昨年の済州観光産業の年間収益6兆5000億ウォンの23%にのぼると報じている。低迷が続く観光業では、免税店による中国人の売り上げは不可欠。今回の新型ウイルスでほとんどう売り上げ利益は無いだろう。

済州には10日午後4時現在、新型コロナ患者がいない。済州地域の感染が疑われる患者54人のうち53人が「陰性」という判定を受けた。1人は似た症状のため検査中というが、韓国もまた隠蔽体質であるから、拡散しても素直には報じないだろう。日本政府が注意しないとならないのは日本ボイコットが減少し、ウイルス拡散を狙った韓国政府の反日工作には十分注意する事である。文政権下の韓国では何をするかはわからない。
[ 2020年02月11日 08:42 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp


スポンサードリンク