韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  サムスンが「ギャラクシーS20」公開 5G対応・カメラ性能大幅強化

サムスンが「ギャラクシーS20」公開 5G対応・カメラ性能大幅強化

韓国のサムスン電子が11日(現地時間)、米サンフランシスコで「ギャラクシー」新製品の発表イベントを開き、新型フラッグシップスマートフォン(スマホ)「ギャラクシーS20」シリーズを公開した。 前作の「S10」から大きく進化し、世界を体験する方式を根本的に変化させるという意味を込め名称は「S20」に決まった。

高速通信規格「5G」、人工知能(AI)、モノのインターネット(IoT)の融合により新しいモバイルの時代が開かれることを意味する。 S20シリーズは、6.2インチ画面の「S20」、6.7インチの「S20プラス」、6.9インチの「S20ウルトラ」の3モデル。5Gの本格的な普及に備え、全モデルが5G対応。 スマホを選ぶ際の重要な要素となるカメラの機能も大幅に強化した。 過去最大サイズのイメージセンサーとAIを結合させ、どのような環境でも細部まで鮮明な写真を撮影することができるようにしたとサムスン電子は説明した。

特に「専門家レベルの性能のカメラ」を標ぼうしたS20ウルトラは1億800万画素の画像センサーと、夜間や暗い室内でも鮮明な写真を撮影することができる機能を搭載した。 S20プラスとS20には6400万画素のカメラが搭載された。 ハイブリッド光学ズーム技術を採用し、S20プラスとS20は最大3倍、S20ウルトラは最大10倍まで画質を落とすことなく拡大して撮影することができる。

スポンサードリンク
さらにAIによるスーパー解像度ズームを使えば、S20ウルトラは最大100倍、S20プラスとS20は最大30倍までズームすることができる。 動画撮影も高精細の8Kに対応し、手ぶれ補正機能が強化された。 一度動画を撮影すれば、複数のレンズを同時に動かし、14の写真と動画を一度に作成する「シングルテーク」機能も採用した。これにより大切な瞬間を写真や映像でしっかりと残すことができるとサムスン電子は説明した。 ギャラクシーS20シリーズは来月6日から世界各地で順次発売される。韓国では今月20~26日に先行販売が行われる。 価格はS20が124万8500ウォン(約11万5700円)、S20プラスが135万3000ウォン、S20ウルトラが159万5000ウォン。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/02/12/2020021280003.html

2020-02-12-k003.jpg

日本ではサムスンと言う名前を隠して販売しているわけで、日本で微妙に売り上げが伸びている。日本スマホ企業はもっと頑張ってほしいと思うが、アップルのiPhoneへの期待も薄れつつあり、次第にシェア比率が低下しつつある日本。むしろ毎月の利用料金重視になりつつあり、スマホ販売企業は毎月の通信料金と様々なサービスで対応している。一方でインターネット通信事業者が、SIMを低価格で販売していることもあり、そちらのシェアも一定の支持がある。

一方で、スマホの機能ばかりが増加し、必要がない機能が多すぎるのも事実。インターネットを含めてまだ高い通信量。スマホ通信も使い放題で現行レベルの金額となる様に努力するべく、例えば切れ目がない日本の無料Wi-Fiスポット増加戦略など、5Gがもたらす事よりもスマホではWi-Fiスポット増加手段もあるだろうし、日本にとって5Gで何が素晴らしいスマホとなるのかの説明はもっと重要となる。現行の日本にとっては5Gスマホがもたらす事を通信料金と共に整理する必要がある。

関連記事

[ 2020年02月12日 09:44 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp