韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  OCI、韓国で太陽電池用ポリシリコン生産を中断

OCI、韓国で太陽電池用ポリシリコン生産を中断

太陽電池パネルの素材となるポリシリコンを生産するOCIは11日、韓国国内での生産を中断すると発表した。中国メーカーの攻勢で単価が下落し、収益性が悪化したためだ。韓国政府が脱原発、再生可能エネルギー拡大の政策を推進する中、国内の再生可能エネルギー産業の基盤が崩壊しつつある格好だ。 

OCIは韓国最大手、世界2位のポリシリコンメーカー。同社は業績発表に伴うカンファレンスコール(電話会議)で、「事業環境悪化を受け、群山工場でのポリシリコン生産を一部中断する」と表明した。現在ポリシリコンを生産している群山第1-3工場のうち、第2、3工場の稼働を20日から中断する。OCI関係者は「第2、3工場は閉鎖し、第1工場は設備を補完した上で、5月から半導体用ポリシリコンを生産する予定だ」と説明した。 

OCIは2008年にポリシリコンを開発後、11年までは大きな収益を上げ、経営が順調だったが、その後は中国政府の補助金支援を受けた中国メーカーが低価格で攻勢をかけ、ポリシリコンの国際価格が急激に低下した。業界関係者は「かつては1キログラム当たり200ドルで販売されていたが、現在は7ドルにまで下落した。損益分岐点である13-14ドルを下回り、生産すればするほど損失が出る」と指摘した。OCIは太陽電池用ポリシリコンの収益性悪化で、2019年の連結ベースでの営業損益が1807億ウォン(約168億円)の赤字に転落した。

スポンサードリンク
OCIはマレーシア工場で太陽電池用ポリシリコンの生産を継続する計画だ。同業のハンファソリューションもポリシリコンの生産中断を検討している。同社関係者は「中国の低価格攻勢に持ちこたえるのは困難な状況だ。タイミングは決まっていないが、工場の稼働中断を検討している」と説明した。ハンファも生産を中断すれば、韓国での太陽電池の基礎素材生産が全面中断することになり、中国製に依存しなければならない状況となる。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/02/12/2020021280009.html

2020-02-12-k005.jpg

太陽光発電用ポリシリコンの生産で世界第3位企業のOCIが、韓国国内の太陽光発電事業から撤退する。電気料金や人件費などの国内生産原価では、中国と繰り広げる「ポリシリコン」チキンゲームにこれ以上は耐えられないとの判断だ。OCIは国内の太陽光用ポリシリコンの生産を停止し、半導体用ポリシリコン事業に集中する計画だ。太陽光発電用ポリシリコンは、コスト競争力を備えたマレーシアの工場でのみ生産する。

全世界の太陽光発電市場の規模は、2018年の109GWから昨年は125GWに15%ど成長した。しかしがハイネ期にある2018年末から続いたポリシリコンの供給過剰が背景にある。現在、群山工場は1100人の人材が働いている。OCIは今後、労働組合との対話を行って解決してゆくとした。韓国GMと現代重工業の造船所に続き、OCIの工場までが稼動を中断し、群山の地域経済は深刻な打撃を受けることになった。
[ 2020年02月12日 09:55 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp


スポンサードリンク