韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国に新型肺炎の“直撃弾”?素材部品輸入の中国依存に懸念の声

韓国に新型肺炎の“直撃弾”?素材部品輸入の中国依存に懸念の声

2020年2月9日、韓国・京郷(キョンヒャン)新聞は、「中国からの素材・部品輸入が増えた韓国、新型コロナの直撃弾を受けるか」と題した記事を掲載した。記事によると、昨年の韓国の対中国素材・部品輸入額は520億8000万ドル(約5兆7227億円)で、前年より5.6%減少した。「世界景気の萎縮と米中貿易戦争の影響」とみられているという。

素材・部品輸入全体に中国が占める割合は30.5%と高い水準を維持している。2004年の14.1%と比較すると「15年の間に2倍以上に拡大していることになる」と記事は説明している。特に、新型コロナウイルスによる肺炎拡大で最も大きな影響を受けている自動車部品の場合、輸入全体に中国が占める割合は29.1%に達するという。点火用ワイヤリングセットとその他ワイヤリングセット(自動車、航空機、船舶用)の輸入額19億7600万ドルのうち中国製は17億1300万ドルで、86.7%を占めるという。

韓国の輸入は2007年から、中国が日本を抑えて不動の1位となっている。昨年の対中輸入は1072億2000万ドルで、韓国の全輸入の21.3%を占めている。04年の13.2%に比べ1.6倍に拡大しているが、これは「国内業者の生産工場が人件費の安い中国に移されたことが原因」とされている。「自動車の血管」と呼ばれるワイヤーハーネスも、多くが手作業で生産されるため、完成車メーカーに部品を納める下請け業者は原価節減のため、主力生産ラインを全て中国に移した状態だという。

スポンサードリンク
記事は「新型肺炎問題のように中国内で生産に支障が生じた場合、対中依存度が高い韓国は、直撃弾を受けるしかない」と指摘。実際に、中国政府が春節連休を延長したことで、ワイヤーハーネス生産が滞り、現代(ヒュンダイ)自動車など国内自動車工場が相次ぎストップする事態となったことを「証拠」として挙げている。韓国の政府と業界は、中国内工場の再稼働に向け、現地政府と接触しつつ、国内生産と第三国からの代替輸入を増やす案などを検討しているという。これを機に、中国依存度を下げるべきだという声も高まっているという。
https://www.recordchina.co.jp/b780382-s0-c20-d0144.html

2020-02-04-k001.jpg

文在寅政権が日本の輸出規制の抜本的対策として、主要な部品材料の分野における日本への依存からの脱却を進める中、韓国の部品材料産業がこのまま行けば日本と中国の間に挟まれた“サンドイッチ”状態に転落する。2018年、韓国の部品・材料の輸出は半導体の好調に支えられ3162億ドルで史上最高を記録した。部品材料の貿易収支も1391億ドルで最高だった。しかし、2018年日本に対する部品材料の貿易収支は151億3千万ドルの赤字を記録している。2018年の対日本貿易赤字240億8千万ドルの63%を占める。慢性的な対日本貿易赤字の主な原因が部品材料の依存にある。

毎年1兆ウォン(約914億)ずつ10年間10兆ウォンをつぎ込んでいる。その後、予算問題で支援規模が減ったものの、自動車やディスプレイなど部品材料の国産化につながる成果を生んだが、日本の輸出規制事態からも分かるように、半導体・ディスプレイなど主要な産業で核心的な部品材料の日本依存度は相変わらず高い。現代自動車に部品を供給する中小企業からすると、日本に対する主要な部品材料の依存度は今なお高い。自動車の各種の制御装置に入る数百個のセンサーは日本に依存している。主要な部品材料で日本との格差が依然として残っている反面、韓国を追撃する中国との格差は縮まり、“サンドイッチ”状態になる可能性が高い。
[ 2020年02月13日 10:00 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp


スポンサードリンク