韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  1月韓国自動車生産、前年同期比29%減25万1573台

1月韓国自動車生産、前年同期比29%減25万1573台

昨年「400万台生産」を割り込んだ韓国の自動車産業は、今年1月も生産・輸出そろって不振が続き、危機が深刻化している。

産業通商資源部(省に相当)が14日に発表した「国内自動車産業動向」によると、先月の韓国国内の自動車生産は25万1573台で、前年同期比29%減となった。輸出も15万974台で、28.1%減少した。旧正月の連休で操業日数が4-5日減ったせいでもあるが、労使の摩擦や競争力の低下による輸出量の減少なども産業危機の原因だと指摘されている。

特に韓国GM、ルノー・サムスン、双竜自の実績は、販売不振と輸出量急減で大きく悪化した。

韓国GMは親会社GMの欧州市場撤退でトラックスなどの輸出が落ち込み、生産は55.7%、輸出は53.8%も急減した。ルノー・サムスンは日産ローグの委託生産減少に労組の部分ストまで重なり、生産は50.1%、輸出は77.3%も減少した。双竜自は新車の不在などに伴う販売不振で生産は28.4%、輸出は4.8%、それぞれ減った。

スポンサードリンク
自動車産業危機論は当分続く見込みだ。コロナ19の問題で中国製パーツの需給に支障が生じ、工場の稼働が一時停止した上に、市場の需要も減り続けているからだ。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/02/15/2020021580005.html

2020-02-15-k002.jpg

米国自動車販売台数をみると、今年1月、スバルの次に現代自そして起亜自と続く。両方合わせても約トヨタの半分となる。現代自はスバルよりも低い44000台。SUV車に特化してと意気込んだが結果は、上位企業から離される可能性が高い。ましてスバルに追い越されている状態だ。2月以降は新型コロナウイルスの影響で、自国内共に生産台数は減少し、売り上げ利益も減少する。

スバルの社員数は、15,274人(連結会社 合計34,200人)(2019年3月末時点)となる。現代自は、従業員数 69,303人
(2018年12月末時点)。トヨタは、従業員数連結:37万870人 単独:7万4,515人 (2019年3月31日現在)。企業規模からすればトヨタはもっと販売台数が多くてもよいのだが…。
[ 2020年02月15日 09:18 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp


スポンサードリンク