韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  新型肺炎の初感染から1カ月 韓国の輸出と内需への打撃広がる

新型肺炎の初感染から1カ月 韓国の輸出と内需への打撃広がる

先月20日に韓国で初めて新型コロナウイルスの感染者が確認されてから間もなく1カ月となる。同ウイルスの感染拡大を受け、韓国の輸出や内需への影響が広がっている。経済指標に及ぼす影響は、すでに5年前の中東呼吸器症候群(MERS=マーズ)流行時を上回ったと分析され、経済への影響を懸念する声が高まる中、政府は対策に頭を抱えている。

政府や業界などによると、新型コロナウイルスの感染拡大による韓国経済への影響が目立ち始めている。 今月1~10日の一日あたりの輸出額は15億3000万ドル(約1680億円)で、前年同月に比べ3.2%減少した。1月は同4.8%増となり、14カ月ぶりに増加に転じたが、再び減少したことになる。 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、中国内の自動車部品企業の生産が中断したことで韓国の自動車メーカーは国内工場の操業中断を余儀なくされた。現代自動車が4~11日に工場別に順次休業したほか、双竜自動車は4~12日に休業しており、2月の製造業生産への打撃は不可避だ。

内需への打撃も目立ち始めている。1月24~31日に韓国を訪問した中国人観光客数は前年に比べ、一日あたり11%減少。今月は減少幅がさらに大きくなっている。

スポンサードリンク
韓国を訪問した観光客のうち、中国人が占める割合は昨年ベースで34.5%に達する。中国人観光客の減少は旅行業、ホテル業、免税店などを直撃する。観光客向けの飲食店やカフェの訪問客が減少し、観光客が多く訪れるソウルの明洞や南大門市場の売り上げは80%減、広蔵市場は50~70%減った。 政府は新型コロナウイルスの感染拡大による経済指標への影響が、5年前のMERSの時を上回ったと分析した。洪楠基(ホン・ナムギ)経済副首相兼企画財政部長官は13日に「経済指標の変化をみると、5年前のMERSの時より響いていると分析された」と説明した。
https://jp.yna.co.kr/view/AJP20200216000900882

韓国政府は、今回の事態で被害が懸念される中小・中堅企業と自営業者に2兆ウォン(約1840億円)規模の政策金融を追加で供給し、直接・間接的な被害が予想される観光業種などに対する支援案も迅速に用意するとしている。さらに支障が生じている自動車部品の需給に関し、中国地方政府と現地工場の早期再稼働のための協議を強化する一方、輸入時には24時間緊急通関を支援するとも報じている。

ところが財界はこの程度では十分でないという立場だ。新型コロナ事態は2003年の重症急性呼吸器症候群(SARS)や2015年の中東呼吸器症候群(MERS)当時より大きな問題を起こす可能性がある。SARSは主に輸出に、MERSは内需に被害が集中した半面、今回は輸出と内需に複合打撃を与えるとし、政府の先制的かつ強力な対応策を求めている。

問題は事態が長期化する場合となる。韓国は昨年基準で素材・部品輸入の30%に相当する520億ドル分を中国から輸入している。南京・青島・天津などに工場があるLGエレクトロニクスは、中国南東地域に追加の感染者が急増する場合、中国企業からの部品調達や製品の国内外販売に支障が生じるしかないと危機感を抱いている。
[ 2020年02月17日 08:26 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp