韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  サムスン新スマホの検証動画がまるで拷問!?韓国ネット「意味のないテスト」

サムスン新スマホの検証動画がまるで拷問!?韓国ネット「意味のないテスト」

2020年2月17日、韓国・イーデイリーは、サムスン電子の新作折りたたみ式スマートフォン「ギャラクシーZ フリップ」の内部ディスプレーの耐久性を検証するため、IT専門の動画投稿者らによってさまざまな実験が行われていると伝えた。記事は、「日常的な状況とはかけ離れた拷問に近い実験が続いている」と指摘している。

ギャラクシーZ フリップの内部ディスプレーには超薄型強化ガラス(UTG)が採用されている。記事によると、IT専門の動画投稿者は、ギャラクシーZ フリップの内部画面が前作に比べ引っかきに強いかを検証。動画共有サービス「YouTube」で実験動画を投稿したという。硬度計を使い、ギャラクシーZ フリップの画面の傷の程度を見るテストを実施したところ、傷は硬度レベル2から出始め、レベル3ではより深くなった。

この結果についてサムスンは「UTGを覆っているプラスチックの画面保護膜に傷がついた可能性がある」と説明しているという。また、ギャラクシーZ フリップを、折りたたむ方向とは反対の、外側に折り曲げる検証テストでは、強い力を加えるとヒンジ部分が「カチッ」と音を立てて浮き上がった。ただ、いずれの実験でも、機器の動作に異常は見られなかったという。

スポンサードリンク
別のIT専門YouTubeチャンネルの運営者は、ギャラクシーZ フリップの落下テストを実施。成人男性の腰の高さと、1.5メートル以上の高さからそれぞれ機器を投げ落としたところ、内部ディスプレーや機能に問題は見られなかったという。米国のIT専門誌も、新作の折りたたみ式スマホが登場するたび、製品の保証専門会社の装置を使った実験を実施している。記事は、日常的な使用環境とはかけ離れた状況下で実施する、これらの実験が注目を集める理由について、「折りたたみ式スマホは、内部ディスプレーの耐久性が一般的なスマホに比べ弱いからだ」と解説している。
https://www.recordchina.co.jp/b782409-s0-c30-d0149.html

2020-02-03-k005.jpg

品質保証と言う面で考慮すれば、様々な評価があるわけで、落下や衝撃テストと言えども単純ではない。また加速テストも実施されるだけでなく、特にアブノーマル試験は重要視されてきた経緯が日本ではあるが、組織改革で品質保証が事業部内に編入され、逆に品質低下を招いたことで、また社長直下となる本来の品質保証体系が見直されている。とは言え人材不足に膨大な熟練方法を標準化できずに事業部へ拡散したことで、アブノーマルと言う部分での評価は過去に比べて大手各社劣っている。

特にスマホなどは、本来使うべき明るさを基準で画質評価され、バッテリー持ち時間が換算され、尚且つ寿命を含めた様々な評価がされているのが当たり前にもかかわらず、ユーザーは発熱を気にし、バッテリー持ち時間を考慮し、液晶画面を暗くして使用すrなど、本来あるべき姿ではなく、ユザー側が寿命を延ばすべく使用しているほどに神経を使う様では、困りごとである。これは品質保証上あるべき姿ではない。しかも10万円レベルの商品がこれでは困る。

性能評価においても、落下衝撃においても、ユーザーが保護ガラスを張り付ける事が多いのであれば初めから、その強度を持った保護が必要だろうし、まだまだ改良すべき点は多々ある。

関連記事

[ 2020年02月19日 10:20 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp