韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  安倍政権内部で新型肺炎は“神風邪” 憲法改正に利用の動きも

安倍政権内部で新型肺炎は“神風邪” 憲法改正に利用の動きも

安倍政権は中国湖北省に滞在経験のある外国人の入国を禁止する一方、政府チャーター便を派遣して武漢から邦人を帰国させるなど、素早い対応を取ったように見える。 だが、政権内部では新型肺炎をひそかに「神風邪」(カミカゼ)と呼んでいるのだという。自民党ベテラン議員が語る。 「安倍総理にはまだ悪運がある。本来なら、今国会はIR汚職や桜を見る会問題などの不祥事追及で窮地に陥ってもおかしくなかった。そこに新型肺炎の流行で国民の関心が外に向いた。官邸は上陸を水際で食い止めることができれば支持率も上がると張り切っていて、武漢からの政府チャーター便を国会審議の時間帯に合わせて帰国させるなど、巧妙に利用している」

事実、チャーター便の第一便が到着したのは、ちょうど参院予算委員会で立憲民主党の蓮舫氏が「桜を見る会」問題を追及したタイミング。安倍側近の世耕弘成・参院幹事長は、「このシチュエーションで感染症について質問をしない感覚に驚いています」とツイートし、“疑惑追及より新型肺炎が重要”とアピールしてみせた。 その一方で、情けないのはポスト安倍に名前があがる次期総理候補たちだ。国の危機は手腕の見せどころのはずなのに、加藤勝信・厚労相はクルーズ船への対応が後手後手に回って指導力を発揮できず、茂木敏充・外相は、日本の感染者数を少なく見せるために、報道機関にクルーズ船の感染者を「国内感染者数」に含めないように要請するのに躍起。

スポンサードリンク
岸田文雄・政調会長はいち早く党の対策本部を立ち上げたものの、やったことは満面の笑みを浮かべてカップ麺の箱を抱え、対策にあたる厚労省の役人たちに差し入れするパフォーマンスだった。 新型肺炎の流行で4月に予定されている習近平・中国国家主席の国賓での来日が微妙になっている。これも、「総理の支持基盤である保守派には国賓招待に批判が強いだけに、延期なら好都合」(自民党議員)という。 その挙げ句、自民党には国民の不安に便乗して新型肺炎を憲法改正に利用しようという声まであがっている。
https://news.livedoor.com/article/detail/17838612/

2015-08-19-abe.jpg

大型客船ダイヤモンド・プリンセス号の乗員乗客10人が、新型コロナウイルスに感染していることが2月5日に判明したことから、厚生労働省は乗員乗客に対し検疫のために14日程度の船内待機を命じた。だが密閉された船内に4000人近い人を留め置く検疫でありながら、船内では手洗いの徹底等以外には特段の感染予防措置が講じられることはなく、翌7日には新たに41人、10日には66人、11日には65人と日々感染が確認された人が増え続けた。

感染率は、検査を受けた人の26%、全乗員乗客の12%という異様に高い値で、政府による検疫という名の無策の留め置きで、感染が拡大したのは明確だ。だがこの状態時にどう対応するかと言う決め事ができていない。と同時に決めても随時訓練しなければ危機管理対応と言うのは難しい。 今後同じことが起きたらどう対応するのかと言う重要な決め事が、先送りされるのが今の日本政府である。もっと緊張感持って、安倍政権下で決めるべき重要な案件と言える。

関連記事

[ 2020年02月19日 14:50 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp