韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  S&Pが韓国の成長率見通しを大幅引き下げ、ネットは大荒れ

S&Pが韓国の成長率見通しを大幅引き下げ、ネットは大荒れ

2020年2月19日、韓国・中央日報によると、新型コロナウイルスの影響を受け、国際格付け会社S&Pが韓国の成長率を大幅に引き下げた。

記事によると、S&Pは同日発表した報告書で「新型コロナウイルスが韓国経済に悪影響を及ぼすだろう」とし、今年の韓国の成長見通しをこれまでの2.1%から1.6%に0.5ポイント下方修正した。これは昨年の韓国の経済成長率(2.0%)より低い数値だという。

S&Pは中国と密接な関係にある韓国企業のサプライチェーンと生産活動に影響が出ることを懸念しており、「サプライチェーンへの影響による製造業への衝撃、中間財の中国輸出減少などが大きな影響を及ぼすだろう」と分析。ただし、中国人観光客減少に伴う影響は少ないとみているという。

また、アジア太平洋地域の今年の経済成長率についても、新型コロナウイルス発生前より0.5ポイント低い4.3%に下がると予想したという。

スポンサードリンク
これを受け、韓国のネット上では「文在寅(ムン・ジェイン)大統領が中国人の入国禁止措置を取らなかったせいで国民の生命が脅かされ、国の経済の基盤が崩壊してる」と憤る声や、「文大統領は経済成長率の下落をコロナのせいにしたかったのでは?」「中国の経済成長率も下がるし、韓国も歩幅を合わせて真のチャイナドリームを実現しようってこと?」「経済成長率の下落はコロナのせいじゃなくて無能な政府のせいだ」など文大統領への厳しいコメントが相次いでいる。
https://www.recordchina.co.jp/b729311-s0-c20-d0127.html

2020-01-23-k001.jpg

昨年12月、国際格付け会社のスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が今年の韓国経済成長率を1.9%と予想していた。そして来年の見通しは2.1%とした。だがS&Pは、ウイルス感染拡大が中国の生産体制を混乱させており、企業と個人の債務返済が難しくなり、最悪のシナリオでは、中国の銀行システムにおける問題債権比率が倍近くに上昇することもあり得るとしたことで、韓国の経済成長率の下押しとなることから、さらに韓国の経済成長率を低下させたという事だろう。

ただ統計データーでは、すでに経済成長率は2%以下になる予想であるから、ウイルス拡散の問題があろうとなかろうと、低レベルな値であることに違いは無い。

関連記事

[ 2020年02月22日 08:46 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp